ココナッツオイルの効果を実感するには?副作用は大丈夫なの?

公開日:  最終更新日:2015/02/08

000786

ココナッツオイルが塗っても食べても
様々な効果があるとして今注目を集めていますよね!

食べてダイエット効果も得られて
しかも塗れば美容効果があるなんて

本当ならすごいですよね!

スポンサードリンク


 

効果があるのはバージンココナッツオイル

これすごく大事なんでみて下さいね!

ココナッツオイルなら何でもいいわけではいなんです。

ココナッツオイルには
精製されたものと精製されていない物があります。

今回テレビなどで紹介されて効果があるとされているのは
精製がされていないバージンココナッツオイルです。

精製されたものだと美容効果やダイエット効果に
必要な成分が失われた状態に
なってしまっているので気を付けてくださいね。

ココナッツオイルを買うときは
精製されていない物を選んで買うようにしてください。

意外とここを気にしないで
精製された物買ってしまっている人が多い気がします。

効果が無い!

と言っている人はもしかしたらバージンココナッツオイルではなく
精製されたものを使っている可能性がある
ので
自分が使っているものを見直してみてください。

 

ココナッツオイルの効能

 
ダイエット効果

バージンココナッツオイルに含まれている
中鎖脂肪酸という成分が代謝を活発にしてくれます。

体にたまった便も出してくれて
腸内環境を整えてくれます。

便秘も解消してくれるのでお腹まわりスッキリ。

毎日スプーン2杯飲み続けて痩せたという人もいるようです。

でも、そのまま飲むのは辛いので
コーヒーに混ぜたり料理に混ぜたりして
飲んだほうが良さそう。

バター代わりにも使えるので自分で
ダイエット用のお菓子を作ってみるのもいいかも!

オリーブオイルにみたいにパンにぬって食べても美味しいですよ!

でもココナッツオイルは甘い独特の香りがするので
食べるのが苦手な人もいるかもしれないですね…。

私はあの香りがたまらなく好きなので平気ですが。

でも香りの無い物は効果の無い方の
加工されたココナッツオイルなので
ここは我慢です(>_<)
 
美容効果

ココナッツオイルにはビタミンEが豊富なんです。

ビタミンEはお肌の乾燥を防ぐ働きがあるので
乾燥の気になる冬には大活躍してくれます!

で、このビタミンEは食べなくても
直接肌から吸収してくれるので
塗るだけで良いので効果を感じるのが早いんです!

ココナッツオイルは紫外線に強いとされていますが
私はどうも肌が弱いのか夜はいいのですが
昼に塗ると調子があまり良くないので
肌に使うときは夜だけにしてます。

肌にいいとされていてもやっぱり体質とかあると思うので
使うときはパッチテストをしたり注意が必要かもしれないですね。

 
ヘッドスパで髪サラサラ

お風呂に入る30分くらい前に
ココナッツオイルを頭皮に直接塗って
マッサージします。

そのあと蒸しタオルで髪を包んでおいて
お風呂に入る時に普通に
シャンプー&トリートメントして洗い流します。

髪の毛はサラサラになり頭皮にも潤いを与えるので
フケ予防にもなります。

癖になるほど気持ちいいので試してみてくださいね。

スポンサードリンク

 

副作用はあるの?

バージンココナッツオイルは自然の物なので
基本的には無いと言ってもいいです。

でも、人によって体質がありますよね。

先ほど書いたように私は食べるには何も問題はなかったですが、

このオイルを付けて外に出るとちょっと赤くなったりして調子が悪いです。

ちなみにホホバオイルやスクワランオイルでも
昼につけて外に出ると同じ状態になるので
そういう体質なんだなと思っていいます。

でも人によっては平気って人もいますよね。

塗るのが平気でも食べるとお腹が緩くなる
という情報もあります。

副作用というよりは合う合わないがある場合があるので
初めて使うときは少しづつ試してみるのがいいですね。

 

まとめ

どうでしょうか?

色々な効果が期待できるココナッツオイル
使いたくなってきませんか?

1つもっていれば食べてよし塗っても良しと
まさに万能オイルです!

ただし、買うときは不純物の混じっていない
バージンオイルを選んで買うようにしてくださいね。

関連記事
ココナッツオイル精製と未精製の違いは?ダイエットへの摂取量は?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑