梅雨のくせ毛対策方法は?広がる髪はどうしたらいいの?前髪は?

公開日: 

9526fdd1b4e9904f60205437d2da8a54_s

梅雨になると癖毛の人は髪の毛が広がってしまって大変ですよね。

私もかなりキツイくせ毛でこの時期は嫌いです(>_<) ちなみに太くて剛毛、強いくせ毛、 美容師さんには可哀想な髪の毛 とまで言われる悲しい髪質です(ノД`)・゜・。 そこで今回はくせ毛さんが 梅雨を乗り越えるために 私が今まで試してきてこれいいかも! と思った対策方法を紹介します。

スポンサードリンク

くせ毛で広がる髪にはまとめ髪

ありがちかもしれませんが
これが一番時間をかけずに
簡単に解決します。

ただゴムで1本で結ぶのは面白くないので
夜会巻コームを使ってヘアアレンジを
オススメします。

難しそうに見えますが
慣れてしまうとゴムで結ぶより
カチッとしっかり止まってくれるので安心です。

ストレートヘアの人よりくせ毛の人の方が
夜会巻はやりやすいんですよ!

髪がストレートだとまとめるときに
髪がスルスル外れてしまうので
軽く巻いてからからでないと
まとまりにくいのですが

くせ毛なら初めからうねうねしているので
巻く必要が無いので時間短縮になります。

私の愛用品です(*´ω`*)

初めての場合は飾りが付いていないコームから試すのがいいです。

飾りが付いているのは重さがあるのか
留めにくいと個人的には感じます。

髪を下ろしていたいなら寝Goo Set(ネグーセット)で巻き髪

ネグーセットって?

くせ毛に巻き髪はイカンでしょ!

と思いますよね。

これ、子供がまだ0歳で一日中泣いていたころ
自分の髪がボサボサで手入れが出来なかった時の救世主なんです。

寝る前に髪に巻いて朝起きたときに外せば巻き髪の出来上がりです。

で、ここで注意するのが必ずフォワード(内巻き)に巻くこと。

くせ毛ってあっちこっちに髪が広がってしまっているので
ならいっそ内巻きにまとめてしまえ!作戦です。

リバース(外巻き)に巻くと広がってしまうので気を付けてくださいね。

私の髪の毛剛毛ですがきちんと巻くことが出来て感動した商品です。

コテを使うと髪が固くなっちゃうんですが
これだとサラサラに仕上がります。

コテなしでもキープ力が強く
1日中カールをキープしてくれますよ。

カーラー部分?を付けていると重くて
髪が下に引っ張られる感じなんですが
おそらくそのおかげで髪が落ち着いて
広がりにくくなってるんだと思います。

ニット帽をかぶって寝ると
髪が落ち着くのと同じ感じ?

梅雨でも雨に軽く濡れる程度なら形をキープしてくれました。

ただ、巻きが結構きついのでやりすぎると
ベルばら並にくるくるになってしまうのが難点…。

キツくなりすぎたときは寝癖直しスプレー
などを使って少し湿らすと緩くなります。

スポンサードリンク

ドライヤーのかけ方に注意!前髪位ならこれで伸びます

この方法は美容師さんに教えてもらった方法です。

髪の毛は乾くときと冷えたときに形が付くという事です。

髪をよく乾かさずに寝ると変なくせが付くというのは上記の理由からなんですね。

なので髪は面倒でもよく乾かすのが大事です。

それにプラスして髪を乾かすときに
髪を軽く掴んで下に引っ張るような形で
ドライヤーで乾かします。

乾いたら引っ張った形を保ったまま
今度は冷風で冷やして伸ばした形をキープしていきます。

これを面倒ですが髪全体に繰り返していきます。

これで何もしないより大分広がりが抑えられるはずです。

髪の量が多いと大変ですが、
前髪だけなら簡単ですよね。

前髪が落ち着くだけでもくせ毛への
ストレスは減るので試してみてくださいね。

まとめ

どうでしょうか?

一番いいのは縮毛矯正をかけてしまう事なんですが
それだとあまりに普通なので
今回は縮毛矯正以外での対策の提案をさせていただきました。

くせ毛は本当に大変です。

私は髪を整える前に訪問者が来ると居留守を使うほどです(笑)

今のところくせ毛を根本的に治す方法は無いので
上手にくせ毛と付き合っていけるようになれるといいですよね(*^-^*)

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑