花粉症と風邪の違いを見分けるには?病院は何科に行けばいいの?

公開日: 

113397

花粉症と風邪の症状ってよく似ていて
自分は今どっちの症状で苦しんでいるのか
分からなくなってしまう事ってありませんか?

喉が痛かったり咳がでたり

花粉症でも風邪でもどっちでも見られる症状ですよね。

今回は花粉症と風邪の違いのお話です。

スポンサードリンク

花粉症と風邪の違いと見分け方

一番分かりやすいのは花粉症だと熱は出ないという事です。

微熱が出ることはありすが、
38℃などの高熱が出ることはありません。

その他に鼻水のでかたに違いがあります。

花粉症の場合だとサラサラの鼻水が
何もしなくてもタラタラ流れ出てきてしまう鼻水に対し

風邪の場合だと
色のある粘着性のある鼻水が出ます。

あと、花粉症はその名の通り
花粉が原因で鼻水が出ますので

外から家に帰ってきた時に症状が軽くなるのであれば
花粉症を疑ったほうがいいです。

また、風邪の場合は2~3日程度で症状が和らぎます。

いつまでも続くようでしたら花粉症の可能性大です。

風邪と花粉症の違いをまとめると

風邪

  • 熱がでる
  • 鼻水は色があり粘着性がある
  • 短期間で症状が治まる
  • 寒気がする

花粉症

  • 熱は出ない(微熱が出ることはある)
  • サラサラの鼻水がでる
  • 花粉の期間中症状が治まらない
  • 寒気は無い
スポンサードリンク

花粉症の場合病院は何科に行けばいいの?

内科でも耳鼻科でも大丈夫ですが
鼻の事なので基本的には耳鼻科がいいです。

たまに内科でも設備が整っているところもあるので
病院に行く前に電話で確認したり
その病院のホームページを確認するといいです。

風邪と花粉症の見分け方を書きましたが
ハッキリさせるには病院で診断が必要なので
辛いときは我慢しないで
病院に行って処置をしてもらいましょう!

自己判断で市販の薬を飲んでも効果が無い
と感じている人はもしかしたら花粉症ではなく
ハウスダストやダニが原因なのかもしれませんよ。

花粉症の診断方法は?

検査をすることによってどの花粉によって
反応がおきているのか知る事が出来ます。

花粉症だと思って病院へ行ったら
実はハウスダストだったなんて事もあるようです。

  • 皮膚反応検査
  • 皮膚に原因と思われる何種類かのアレルゲンの液を垂らして刺激して反応を見ます。
    虫刺されのように赤く反応したものが原因という事になります。

  • 血中IgE検査
  • 血液を採るだけで数種類のアレルゲンの検査が出来ます。

  • 鼻粘膜誘発テスト
  • 原因と思われるアレルゲンを鼻の粘膜に塗って反応を見ます。
    くしゃみや鼻水が出ればそれが原因です。

検査の費用は病院によって違いますが
大体3000円~になります。

少し高いかなと感じるかもしれませんが
原因が分かれば適切な対処が出来きるので安心です。

まとめ

花粉症はそのままにしておくと
悪化してしまう事もあります。

もしかしたら花粉症かも?

と思ったらそのままにしないで
病院に行って検査してもらいましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑