30代の女性の白髪の原因は?改善するのに良い食べ物は何?

公開日:  最終更新日:2015/12/21

122015

白髪って老けて見えてしまうので
本当に嫌ですよね。

30代で白髪ってまだ早いんじゃない?

と思いますが意外と白髪で悩んでいる人っているんです。

今回は女性の天敵白髪の原因と対策についてのお話をします。

スポンサードリンク

30代の女性の白髪の原因

まず白髪ってなんで出来てしまうんでしょうか?

普通の白髪は年をとって
メラニン色素細胞が徐々に作ることが出来なくなり
色素が無くなってしまった状態のことです。

髪を黒くする細胞が
機能しなくなってしまっては
黒髪を取り戻すことは出来ません。

一度機能しなくなった細胞は
よほどのことが無い限り
再び機能することは難しいとされています。

残念ながら白髪を黒く甦らせるのは難しいって事なんですね。

30代で白髪になるにはまだ少し早い気がしますよね。

白髪になってしまう原因は老化以外にもいくつか考えられます。

  • ストレス
  • ホルモンの乱れ
  • 遺伝
  • 食生活
  • 病気

等が考えられます。

原因はこの中の1つだけではなく
ストレスと食生活の2つなど重なって
白髪になることもあります。

出来てしまった白髪をもとに戻すのは難しいですが、
更に白髪を増やさない為にも改善できることはしておきたいですね。

スポンサードリンク

白髪を改善する食べ物

白髪が出来る原因として
メラニン色素の細胞が出来なくなってしまった
とさっきお勉強しましたよね。

そこでメラニンを作ることのできる
原料となるチロシン
という成分があります。

チロシンはアミノ酸の仲間で
バナナ、アボカド、たらこ、チーズ、大豆
などに多く含まれています。

さて、

チロシンはメラニンを作るのに役立つわけですが、

感がいい人はお気づきですよね?

そう、

チロシンはシミのもとにもなる成分でもあるんです。

だから食べすぎは禁物!

チロシン取りすぎると
肌のターンオーバーでもメラニンを
排出出来なくなってそのまま肌に
シミとなって残ってしまう可能性があるんです。

ですので食べすぎはよくないので
バランスよくほどほどに食べるようにする必要があります。

もしもサプリなどでチロシンを取るのであれば
毎日飲まないで間隔をあけて飲むのがいいです。

チロシンはシミの素にもなってしまいますが
ストレスやうつ病の改善にも役立つ成分なので上手に付き合っていきたいですね。

チロシンは一日500mg~2000mgの摂取が推薦されています。

白髪が嫌なら染めるのが一番!

一番白髪のストレスを解消できるの
はやっぱり染めてしまうのが一番です。

毎回自分の白髪を見るとストレスになりますよね
そのストレスはまた白髪の原因になります。

これだと悪循環…。

これ以上白髪が出来ないように
食べ物に気を付けつつ
目に見える白髪はキレイに染めてしまいましょう。

市販の白髪染めだと髪が傷む!

とお悩みなら時間はかかってしまいますが
ヘナなら髪を傷める事無く白髪を染めることが出来ますし、

今はドラックストアや通販で
白髪染めのトリートメントも売っています。

白髪染めトリートメントのいいところは
髪の痛みを防ぎつつこまめに使うので
根元の白髪が気になるという事が無い事です。

デメリットは色が取れるのが早いので
1週間に1回くらいのペースでこまめに染めないといけない事です。

染めるのも面倒だなぁって思ってしまいそうですが
薄毛に悩んでいる人からすれば
髪があるんだから染めればいいだけじゃん!
って言われました(笑)

無い物はどうにも出来ないけど
あるだけマシなんだからそれくらいしろよ!
だそうです。

確かにその通りですよね。

白髪染めトリートメントさえも面倒
だという人向けの白髪染めシャンプーもあります。



いつものシャンプーを変えるだけなので
確実に毎日使えて白髪を
徐々に目立たなくしてくれます。

実際に使ってみて口コミしています→白髪染めシャンプー口コミ

まとめ

白髪の原因は髪を黒くするメラニン色素を作ることが出来なくなってしまったからなので
これ以上白髪を増やさない為にチロシンを含んだ食材を食べるようにするのがいい。

ただし、チロシンはシミの原因となる成分でもあるので
取りすぎには注意するようにしてください。

すでに生えている白髪は染めてしまって
自分の頭を見たときに無駄なストレスを溜めないように心がけましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑