エゴマ油が高血圧に効果がある?血をサラサラにして健康になるには?

公開日: 

117824

エゴマ油が血圧を下げる
効果があると知っていましたか?

エゴマ油は畑の青魚と言われるくらい
青魚に含まれている成分が豊富なんです。

ドロドロの血もサラサラにすることのできる不思議な油なんですよ。

スポンサードリンク

エゴマ油が血圧を下げる効果がある?

高血圧になると、
頭痛、肩こり、めまい
などの症状がみられますが
自覚症状が無い人が多いです。

私自身も妊娠して血圧を測った時に
初めて血圧が高めだと知りました。

私の場合は親が少し血圧が高めだったので
遺伝もあったのですが(;´・ω・)

確かに片頭痛餅でしたが
血圧が関係しているのかもなんて思ってもいなかったので
実際に計ってみないと自覚症状は無いんだなと感じました。

高血圧はそのままにしておくと
ある日突然、
心筋梗塞や血管が硬くなる動脈硬化
と命に係わる病気になるリスクも高くなる
ので
早くに予防しておきたいものです。

血圧を下げる為には日々の食生活を気を付けることが大事になってきます。

そこで活躍してくれるのがエゴマ油です。

えごま油にはαリノレン酸が多く含まれています。

αリノレン酸にはドロドロの血をサラサラにして
高血圧を防ぐ効果が期待できます。

血栓も無くしてくれる働きがあるので
血圧が高い人にとってもいい油です。

しかもαリノレン酸は体内で作ることが出来ないので
自分で食べて摂るしかないんです。

ですので積極的に食べていきましょう。

このαリノレン酸は体内に取り込まれてから
DHAとEPAに変化していきます。

DHA悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす働きがあり
記憶力も良くなるので受験生は摂っておいたほうがいいですね。

EPAは血管を大きくして血を流れやすくしてくれて
心筋梗塞、脳梗塞、高血圧の予防にもなります。

DHA、EPAは青魚に多く含まれているので
毎日の食事で青魚を食べることが出来るのが
理想になりますが実際は難しい話ですよね。

エゴマ油だったら毎日の食事に
かけるだけなので簡単に摂り入れることが出来るので
今最も注目を集めている油なんです。

エゴマ油は熱に弱い油なので
出来上がった料理にかけて食べるようにしてください。

一度開けると酸化も早いので
冷蔵庫保存で2か月で食べきるように注意が必要です。

スポンサードリンク

エゴマ油で高血圧を予防するのに相性のいい納豆

納豆にはナットウキナーゼという成分が入っていて
血をサラサラにしてくれる効果が期待できます。

血液中にある中性脂肪やコレステロールにも効果がある納豆に
エゴマ油をかけて食べると効果が倍増してくれます。

納豆にかけるエゴマ油の量は
小さじ半分くらいです。

ナットウキナーゼもエゴマ油も
熱に弱いのでそのまま食べてくださいね。

一つ気を付けてほしいのが高血圧は塩分の取りすぎは厳禁です。

納豆を食べるときに醤油を沢山入れてしまうと
塩分の取りすぎになってしまいます。

血圧が高い場合は付属されている醤油の
半分くらいに抑えて使うのが望ましいです。

せっかく体にいいものを食べても
塩分を取りすぎてしまっては意味がなくなってしまいますので。

納豆以外にもエゴマ油は生野菜との相性も抜群です。

野菜には高血圧の人に摂って欲しいカリウムが含まれています。

カリウムは高血圧の大敵、塩分を排出する効果があるので
ぜひエゴマ油と一緒に食べてください。

エゴマ油をドレッシング代わりにして食べると美味しいですよ。

ここではエゴマ油でお話をしましたが
亜麻仁油という亜麻の種から抽出された油も
エゴマ油とほぼ同じ効果が得られるので
こちらの記事も参考にしてみてください。

えごま油と亜麻仁油の違いを比較!味はどっちがいい?

まとめ

いかがでしたか?

高血圧はそのままにしておくと思わぬ病気になってしまうことがあります。

病気になってしまってからでは遅いので高血圧の症状が見られる場合は血圧を測定してみるのもいいかと思います。

早くから予防して健康的な生活を送りましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑