尿酸値が下がらない原因は何?ヨーグルトでプリン体が減らせる?

公開日:  最終更新日:2015/06/16

125287

私の旦那が健康診断で
尿酸値が高めと診断されました。

尿酸値がこのまま高くなると
痛風になる危険があるとの事だったので
自分で出来ることと言ったら
食事に気を付けること。

健康的な食事に変えていくことにしました。

スポンサードリンク

尿酸値が下がらない原因

尿酸値を下げるには
プリン体が多い食品を減らす
食事療法がいいと聞いたので
プリン体が多いと言われている
食品をなるべく使わないようにしました。

干ししいたけ、レバー、エビ、
明太子、納豆、カキなど

なるべく使わないようにして
野菜を多く食べてもらうようにしていました。

これだけ気を使っているから
次の健康診断の時はさすがに下がるんじゃない?

なんて呑気な事を言っていたのですが
次の健康診断の結果は…。

全然下がってない…。

上がってなかったのがせめてもの救いだったけど、
プリン体の多い食材を減らしていたのに
改善されないなんてどうしたらいいの??

って思って調べたら、

ためしてガッテンで
尿酸値の原因は果糖にある
と放送していたみたいなんです。

果糖にはプリン体はそんなにないみたいですが
体が果糖を分解するときに
プリン体が出来てしまうらしいのです!

そう、

旦那は大のスイーツ好き。

私はたまに食べたいと思う程度ですが
旦那は帰りのコンビニで新商品を見つけると
食べたい衝動が表れ買ってきてしまいます。

という事はスイーツの食べ過ぎで
自らプリン体増やしてしまっていたという事??

しばらくスイーツ禁止だな…。

尿酸値が高い皆さん
プリン体の多い食事だけでなく
果糖にも気を付ける必要がありそうです。

スポンサードリンク

PA-3乳酸菌配合のヨーグルトでプリン体が減らせる?

PA-3乳酸菌が配合されているヨーグルトが
明治から4月7日に新発売しました。

プリン体に働きかけるというヨーグルト。

高尿酸血症モデルラット8日間食べさせたところ
尿酸値が下がったという驚きの結果があったんだとか。

どこまで効果があるかは
まだ発売したばかりなので分かりませんが
少しでも尿酸値をせらすことが出来るなら
という事で早速スーパーで購入してきました。

ヨーグルトとドリンクタイプの
2種類売っていましたが
今回はヨーグルトタイプを購入。

理由はドリンクの入れ物を分別するのが面倒だから(笑)

洗いにくいし。

多分毎日食べないと効果ってないと思うから
少しでも楽な方がいいかなと思って。

取りあえず毎日食べてもらって
次回の健康診断の結果がでたら
またこのページで報告させてもらいますね!

毎日食べると結構な金額になるな…。

健康のためには仕方が無いですが(>_<)

最後に

食品のほとんどに
プリン体が入ってしまっていると言われているので
食事で気を付けるのが難しい尿酸値。

もし、これで尿酸値下がったよ!

というものがあったらぜひ教えてほしいです!

PA-3ヨーグルトの結果は
分かり次第報告しますので
お楽しみに~♪

お待たせしました!PA-3ヨーグルトを食べ続けた結果が出ましたので尿酸値を下げたい人必見!PA-3ヨーグルトで尿酸値7がどこまで下がる?で紹介しています。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. より:

    尿酸値が8.4が7.4まで下がりました(^^)

    PA-3ヨーグルトの飲むタイプとスプーンで食べるタイプを週に3回くらい1か月ほど続けました。

    なかなか下がらない中、ストレスもあり、食事制限も極端に絞ったつもりもなかったので諦めていましたが、1も下がったので効果があったのかもしれません。
    体質なのかなかなか下がらない方だったので、これからも続けていきたいとは思っています

    • mdiejs22 より:

      智さんコメントありがとうございました。

      尿酸値1下げるのって大変ですよね。
      おめでとうございます!

      本当に何をしても下がらなかった尿酸値が下がるので
      私もびっくりしています!

      痛風にはなりたくないですからね(^-^;

      我が家でも今も週2個くらいのペースで旦那に食べてもらってます。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑