キスマークの消し方は?即効で効果がある方法と消えない時の隠し方!

公開日: 

1412_rip

愛情表現のひとつのキスマーク。

あなたは私のものという証に
つけられることもあるのではないでしょうか。

でも見えるところにつけられてしまうと大変!

家族に見られるのが恥ずかしい
このままじゃ仕事に行けない
など困ってしまうことってありますよね。

特に首や胸元につけられてしまうと
消えるまでかなりの時間がかかってしまいます。

今回はキスマークをなるべく早く消す方法と
消えなかった時の上手な隠し方を伝授します!

スポンサードリンク

キスマークの消し方

キスマークは普通にチュッとしただけではつかず
わざとチュ~~~っと吸わないと痕は付きませんよね。

しかも吸われた側は痛い(>_<) キスマークなんて可愛いいい方してますけど
キスマークは内出血です。

皮膚が傷ついてないので血が外に出てこないで中にとどまっている痣になります。

もはや怪我と同じような感じですね。

そう考えるとちょっと怖い気がします(^-^;

ではこのキスマークを消すにはどうしたらいいのかというと
この部分の血液の流れをよくしてあげればいいんですね。

まず蒸しタオルでキスマークを温めて
その後にアイスノンや冷たいタオルで冷やすを何回も繰り返して下さい。

その後キスマークをぐにぐにと揉みほぐします。

これを繰り返せばキスマークが消えるまで
通常1週間以上かかるところ3~4日ほどで消えてくれたことがあります。

マッサージに加えて更に傷跡を治す
小林製薬から発売しているアットノンを塗り込むと
もう少し早く治ることがあります。

ただしアットノンは顔には使わないでくださいと注意書きがありますので
首などの皮膚の薄いところには刺激があることがあるので使うときは自己責任になります、

又は、レモン汁を塗ると少し早く治りやすくなります。

注意してほしいのがレモン汁を使うときは夜の家にいるときでだけにしてください。

そのまま紫外線に当たるとシミになりやすくなってしまいます。

スポンサードリンク


 

どうしてもキスマークが消えない時の隠し方

 

コンシーラーを使って隠す

女性の場合はお化粧で隠してしまいましょう。

普通にファンデーションをぬっても隠れないので
まずは化粧下地にグリーン系の物を使います。

グリーン系の下地は赤くなった部分を目立たなくする効果があります。

その後キスマークをコンシーラーで隠すんですが
使うコンシーラーはスティックタイプがオススメ!

クマなどの薄い部分は筆でもいいのですが
濃い部分を隠すにはスティックタイプが向いています。

色はファンデーションと同じ色で目立たないようにします。

まずはキスマークより少し大きめにコンシーラーを塗り
その後境目部分を指でトントンと馴染ませていきます。

最後に仕上げにパウダーをのせればキレイに隠れます。

 

シップで隠す

絆創膏で隠すといかにもという感じになってしまうので
ちょっと寝違えてしまって……
といってシップをはっていればばれにくいです。

寝違えは1日では治らないので
キスマークが消えるまでの
数日シップを張っていても違和感がありません。

ただしシップ臭がするので女性向きではないかな。

 

服や髪型で隠す

冬ならタートルネックなどの首の隠れる服を着ましょう。
スカーフもオシャレでいいですね。

首の後ろにつけられたキスマークなら
髪を下ろして隠すという方法もあります。

 

虫刺されと誤魔化す

虫に刺されて痒くてかきむしったら赤くなっちゃったとか
アトピー持ちでちょっと皮膚が赤くなった
と開き直ってそのままにしてしまうという方法もあります。

意外と堂々としているとばれにくいものです。

実際私は軽いアトピー持ちでたまに
耳や腕に似た小さな痣が出来ますが
見た目はキスマークと似ています。

たまにかきむしるそぶりでもすれば
あ~痒いんだな、くらいに見てもらえるはず。

 

まとめ

キスマークは内出血と同じようなものなので
1日で消すという事は出来ません。

今回紹介した方法を使っても最短で3日はかかってしまいますし
つけられた濃さによってはそれ以上かかってしまう事もあります。

愛情表現のキスマークも見えるところに付いてしまうと
いろいろ大変なのでなるべくなら見えない所につけてもらえるようにお願いしましょうね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑