父の日に花を贈るとしたら何の花がいい?色は何色がオススメ?

公開日: 

82cb9347c6236accb8839ff3c002652c_s

母の日が終わって次は父の日ですね。

母の日に贈る花の定番は
カーネーションですが
父の日は何の花を
プレゼントするか知っていますか?

今回は父の日に
プレゼントする花と
オススメの色についてのお話です。

スポンサードリンク

父の日に贈る花はバラ

あまり知られていないようですが
父の日にはバラを贈る習慣があります。

バラを贈るようになった由来は
アメリカで母の日が認められてから後の話です。

簡単にまとめると
母の日があるなら父の日も認めと欲しい
という活動で出来た日です。

しそて、父の日誕生のきっかけを作った
ジョン・ブルース・ドット夫人という人が
父親の死後に白のバラの花を
添えたことがきっかけで父の日には

亡き父には白のバラ
元気な父には赤のバラ

を贈るようになったといわれています。

日本で父の日が普及してきたのが
1980年あたりからと言われています。

歴史的にもかなり新しい行事ですね。

スポンサードリンク

父の日の花は何色がオススメなのか?

さて、ここで気になるのが
日本のお店で売っている父の日の
バラの定番色は黄色
なんですよね。

先ほどの由来では
赤を贈るのが定番とされていたのに
何で黄色になってしまったんでしょうか?

そもそも花を贈るとき黄色の花は
嫉妬や別れの花言葉があり
あまり贈り物としては
オススメ出来ない色なんですよね。

ではなぜ黄色が定番になったのかというと
日本ファーザーズ・ディ委員会の
黄色いリボンの影響がありそうです。

黄色はイギリスでは
身を守るためのお守りのような色
として親しまれていました。

それがアメリカに伝わって
黄色いリボンに変わり
それは大切な人の身を守るための物とされています。

黄色は大切な人に贈る色として親しまれているんですね。

花言葉で見るとちょっと…という意味があっても
色だけで見ると素敵な理由ですね。

確かに黄色は風水では金運をあげる色ですし
太陽カラーで元気につながる色でもあります。

父の日に贈る花の定番としてはバラですが
黄色の花の代表としてひまわりを贈るのも流行っています。

ひまわりも太陽のイメージから
元気を貰えそうな気がしますよね!

お父さんにはいつまでも元気でいてほしい!
という意味を込めてプレゼントするのもいいですね。

最近私のまわりでは父親の不幸の話を耳にすることが多く
とても悲しい事が多かったので父親が健康で元気にいてほしいと今まで以上に感じました。

花だけではなく一緒に健康食品もあげて元気でいてもらおうと思います。

お話少しそれてしまいましたが
お父さんに贈る花の色のオススメは

花言葉を気にするならアメリカと同じで赤のバラ
黄色いリボンの由来からなら黄色いバラ

と使い分けて贈るのがいいですね。

一番はお父さんの好きな色の花をプレゼントするのがいいと思いますよ!

最後に

父の日の定番のお花のお話をしましたが定番というだけであって
必ずこれでないといけないという事は無いので
お父さんの好きな花のプレゼントでいいと思いますよ。

花を育てるのが好きなら種からプレゼントでも喜ばれそうですね。

花だけだと物足りないと感じたらお父さんの好きな物
お酒やスイーツも一緒に添えてプレゼントするといいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑