子供の日焼け対策に食べ物が効果的?安全な日焼け止めの選び方は?

公開日: 

126235

紫外線が強い季節になってきました。
今まではお家で遊んでいた子供も
幼稚園や保育園に行くと外でいっぱい遊ぶことが多くなります。

でも、気になるのが日焼け対策
一緒にいられない時間は何もしてあげられない。

そんな時の紫外線対策はどうしたらいいんでしょうか?

スポンサードリンク

子供の日焼け対策はどうする?

幼稚園に行っている間は
いつものようにそばにいて対策出来て事も
出来なくなってしまいますよね。

かといって何もしないと将来シミになってしまって
辛い思いをさせてしまうかもしれません。

私自身が子供の時お手入れをしないでガンガン日焼けして
顏に老人性のシミが沢山出来てとっても悩みました。
(大人になってからレーザーとシミ専用の化粧品で取りました)

幼稚園は規定の帽子はかぶせてくれると思いますが
体操着は半そで、半ズボンで肌丸出しです。

このままほおっておくと真っ黒になるばかり…。

でも、大丈夫です。
近くにいてあげられなくても出来る
日焼け止めの対策がありますので紹介します。

日焼け対策には食べ物が効果的?

長い時間外に出てお手入れが出来ない時は体の中から食べ物で日焼け対策をしちゃいましょう!

お出かけ前にビタミンCを摂ると日焼け防止になるんですよ。

まだ小さな子供はサプリは飲めない物が多いと思うので食べ物であげましょう。

子供が大好きでビタミンCたっぷりの食べ物といったらいちごです!

レモンの方がたっぷり入ってるように見えますが実はいちごの方がビタミンCがたっぷり入っているんですよ。

ただ、いちごだと日持ちしないしコスパがかかります。

日持ちはヘタを取って冷凍すれば長持ちしますがお値段がどうしてもってなると思います。

一番食べやすいものはいちごかなという事で紹介しましたがその他にも
パパイヤ、キウイ、アセロラ、ライム、みかん、はっさく、柿、
ブロッコリー、赤ピーマン、黄ピーマン、カリフラワー、

この辺りが食べやすくていいですね。

朝ごはんにこれらの食材を使ってあげると日焼け対策になります。

ついついバス停でママ友と話し込んでしまうお母さんにもおすすめです。

夏場はちょっと外に出ただけでも日焼けしてしまいますから朝だけではなく
夜のご飯にもこれらの食材を積極的に使う事で更に効果が期待できます。

ビタミンCは多くとっても体に溜め込まないで外に排出されて過剰摂取にはならないので安心してくださいね。

スポンサードリンク

子供に安全な日焼け止めは?

日焼け対策にいい食材を食べたから一安心。

ではなく、外側からのケアもしておきましょう。

幼稚園に行っている間は先生に日焼け止めを塗ってなんて頼めませんから
お出かけ前にお母さんが塗ってあげて下さい。

ここで注意なのが途中で塗り直しが出来ないからといって
大人用のSPFやPAが高めの物を使用すると
刺激が強くてかえって肌に負担がかかってしまいます。

子供には子供用の日焼け止めを使ってあげましょう。

ゴシゴシこすらずに石鹸で洗えば取れる
低刺激でもしっかり日焼止め出来るものがおすすめ。

最後に

まだ子供だし日焼けしても大丈夫と思ってしまいがちですが
紫外線は少しづつ蓄積されて大人になった時にシミになってしまいます。

お出かけ前にしっかりと日焼け止めをして、
ビタミンCの沢山入っている食材を食べて対策を!

紫外線はお肌の老化も早めますので子供のころからしっかりと
日焼け対策をしてあげて下さい。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑