縮毛矯正失敗してしまった!チリチリ ビビり毛になった髪は直すことが出来る?

公開日:  最終更新日:2015/06/16

074115

雨が多い時期になると癖毛さんには辛い時期になりますよね。
そんなときの救世主が縮毛矯正なんですが、
この縮毛矯正に失敗してしまうともう最悪です。

落ち着かせるために施設してもらったはずなのに
毛先はチリチリ、ビビりになってしまってボンバー状態。

こうなってしまったら直すことって出来るのでしょうか?

実は私自身がやばいくらいの縮毛矯正の失敗を体験してますので体験談を交えながら紹介していきます。

スポンサードリンク

縮毛矯正の失敗…

普通の人は大体美容室で失敗してやり直しをしてもらって更にひどいことになってくる、なんて流れが多いのかな?と思います。
私も美容師さんに毛先をチリチリにされて泣く泣く切った事もあります。

が!!今回紹介する失敗談は完全自業自得です…。

私は若白髪があったので若い頃から白髪染め、縮毛矯正を繰り返してきました。
結構健康的な毛だったので多少痛みはしたものの毛先さえ切ってしまえばセルフ縮毛矯正でもサラサラな仕上がりになっていたんです。
というか、アイロンのかけ方には自信を持っていたので、見習い美容師さんより上手な自身もありました。
この自信満々でいたのが運のつき…。

最悪の状態を招いてしまうのです(>_<) その日もいつも通り縮毛矯正の準備を始めていつも通りに髪をブロッキングして施設をはじめていました。 いつもは軟化するのに少し時間がかかる太毛の私。 染まりにくくあまり傷んでいない襟足から1剤を付け初め次にサイドに付けているときに異変に気が付きました。 んん??襟足部分の軟化がもうヤバい気がする?! 私は自分で縮毛矯正をするときは時間を決めるのではなく手で触って軟化が出来てるかで今まで見極めてました。 軟化が出来ていると髪を指にくるくるっと巻いた時に指からつるんと戻らなくなるんですが、 すでにもうその状態になっていたんです!その時間まだ5分程度。 いつもなら10分経ってもまだ軟化しないなぁなんて思っている部分です。 ヤバい!と思いサイドの髪も確認してみるとまさかのすでに軟化が出来ている状態。 その時間約2分程度だったと思います。 これ以上はヤバい!という事で即効洗い流します。 しかし時すでに遅し、薬剤を流し終わった髪は無残な姿になっていたのです。 ドライヤーで中々乾かないほど傷んでしまい、濡れているときは髪がドロドロに溶けているような感じ。 よく、髪が死んでいると溶けるみたいな話を聞いていたのですが、まさにこれだ!と確信しました。 濡れているときは本当に髪が弱くなっていてぶちぶち切れてしまいます。 剛毛、太毛、髪の量多い私でさえハゲる!!!!!???? とビックリした瞬間でした。 正直数年間セルフ縮毛矯正で大きな失敗したことなんてなかったので頭の中は真っ白。 現実逃避の為に、取りあえずハーゲンダッツを食べて小一時間くつろぎます。 それから現実に戻るも、もうコレどうしよう状態(-_-;) そして一つ思い出します。 昔デジパを失敗された時に髪を修復した方法を。。。。 まだ、その時のトリートメント?が残っていたのでそれを試してみることにしたんです。

スポンサードリンク

縮毛矯正失敗を直す?

さて、ここからは私がビビり毛を修正したお話ですが、私はプロではありません。
素人ががんばって自宅で直した(見た目を誤魔化した)方法ですので真似するときは自己責任でお願いします。

まずはエルコスから販売されているパワーR2シャントを使います。
実はこれ、昔間違えて買ってしまってタンスの肥やしになっていた商品。
これは髪がもうトロトロになってしまってぶちぶち切れてしまうほど傷んだ髪の修復剤のようなもの。
これを髪を洗う前に原液で髪に吹きかけで軽くドライヤーで乾かします。
美容室専用の商品なので原液はきついかもしれませんが、痛みが半端なかったので原液で使いました。
健康な髪の人は原液で使うとかえって髪がキシキシしてしまうかもしれません。

放置時間は適当でした…。
家の事をしながらだったので結構な時間放置してたと思います。(1時間以上)
その後普通にシャンプーして最後に同じくエルコスから発売されているパワーリバイジングプラスを使います。
軽く髪をふいてから根元に付けないように気を付けて髪に付けてその上から普段のトリートメントを重ね塗り。
数分放置後洗い流します。

髪を乾かす前にまたパワーリバイジングプラスを5倍くらい薄めた物を毛先に付けてドライヤーで乾かします。
これを毎日繰り返しました。
パワーリバイジングプラスは使った日からサラサラ、ツヤツヤの即効性を感じるので使っていて楽しい思います。
ただし、地肌に付くとフケが出てくるので毛先中心だけに使うようにしてくださいね。

その結果…

クシでとかすことでさえ困難だった髪の毛が何とかとかしても毛が切れることが無く、サラサラになってくれました。
ですが、これは根本的な解決ではなく、髪に薬剤が効いているおかげなので、使うのをやめるとまたボロボロの髪になってしまいます。

とにかく髪に栄養をあげて水分が無くなってしまうとパサパサになるのでそうならないようにシャンプーなどもなるべく気を使って過ごしました。

面倒ですが新しい髪が生えるまで髪のお手入れをし続けて髪をキープしないといけません(>_<) 何もしないよりはかなり見た目はよくなるので試してみる価値はありだと思いますが、 もう一度言いますと私はプロではないので自分で実行するときは自己責任でよろしくお願いします。 くせ毛を→するるるんっ♪とまとめる薬用シャンプーサンプル【クイーンズバスルーム】

最後に

縮毛矯正を失敗してしまうと本当にブルーになります。
仕事に行きたくない、友達に会いたくない、訪問者がきても居留守、髪をさらわれるとイラつく、本気でフルウィッグを考える、いっそのこと髪をつるんつるんにしてしまおうか…とかいろいろ考えてしまうと思います。直すという事は出来ませんので、日々のお手入れでどこまで誤魔化せるかがキモになってくるのではと思います。

正直毎日のお手入れも面倒ですが、そのままだと髪はばさばさのままでお出かけも出来なくなってしまうので、大事な髪の毛、少しでも痛みが分からないようにしてあげて下さい。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑