米肌CCクリームが口コミ通りシミを隠すことが出来るか試してみました!

公開日: 

105771

今までアヤナスのBBクリームを愛用していましたがやっぱり夏にはちょっと重め。

夏用にいいBBクリームは無いかな?
と探していたところコーセーから発売している
米肌CCクリームというものを見つけたので試してみることにしました。

スポンサードリンク

米肌CCクリームの口コミは?

●一日中サラサラ
●CCクリームだけど薄付きだけどカバー力がある
●SPF50₊/PA₊₊₊₊で日焼け止め効果抜群
●これ1本でメイクが終わるから楽

特に夏は紫外線が強いので日焼け止め効果が高いのは好印象!
ただ、あまりにも高すぎて肌が弱い人はどうかな?という不安もありますが。

それにプラスして、実際カバー力に関しては使ってみないと何とも言えない所がありますよね。

私は顏のシミは消してしまってないので、
手の甲に出来ているシミを使って
本当にカバー力があるのか試してみることにしました。

スポンサードリンク

米肌CCクリームでシミを隠すことが出来るか試してみた

さて、米肌CCクリームはドラッグストアでは購入出来ないようなので通販で買うしか手に入れる方法はありません。

という事で公式サイトより購入しました。

注文したのが日曜日で商品が届いたのが火曜日の午前中。
発送はかなり早いです!

では、届いた商品がこちら

maihada3

米肌CCクリームと米肌化粧水10回分がおまけに付いてきました。

おまけにしては10回分ってかなり多いですよね!
ちょっと得した気分です♪
でも欲を言うと5日分でいいから美容液も付けて欲しかったですわ…。
やっぱりライン使いしたいですしね。

米肌潤肌CCクリームは公式サイトだけでなく楽天市場でも購入することは出来ますが、
送料がかかってしまったり、今回のようなおまけが無いのでおまけ目当てなら公式サイトがいいかも。
楽天市場で米肌CCクリームを確認する

では、早速シミが隠れるか試してみます。
まず、シミのある手の甲がこちらです。

maihada1

お恥ずかしいくらい老人性っぽいシミが手の甲にガッツリ数か所付いちゃってますね(;´・ω・)

では、これを㏄クリームだけで消すことが出来るのが試してみようと思います。

まずは普通に手の甲にぬりぬり~

思ったよりしっかりしたクリームで延びもいい感じです。
でもまだシミはうっすらとしか隠れません。

これは想定内なので、
お次はシミがあるところだけ更にクリームをのせて
馴染ませるようにトントントンと置くような軽くたたくような感じで付けていきます。

この時のコツは、絶対にこすってはダメです。
シミを隠すのであれば必ずトントントンです。

で、出来上がったのがこちら

maihada

どうですか~?

なかなかキレイに消えてますよね!
シミだけでなく、全体的にくすみも消えてキレイな仕上がりになっているのが分かると思います。
私の手、あんまりキレイじゃなかったんだな…

ちょっと小さめのシミが1個まだ軽く見えてしまっていますが、
コンシーラーを使わずにここまでのカバー力は優秀なのではと思います。
(シミで苦労した経験者は語る!)

確かに多少のコツは必要になりますが、
こすらないようにを守ればいい感じに仕上げるっことが出来ますよ!



ついでに顔に付けた使い心地ですが、
サラッとしているのでベタベタしないのがいいです。
冬には物足りないと感じると思いますが、
夏の間は活躍してくれそうな予感。
乾燥肌の私でも満足のいく仕上がりになりました。

湿疹も使い続けて1週間以上たちますが、
今のところ何もなく使えています。

私の場合ワンプッシュ出してしまうと
多くて使い切れず余ってしまうので、
半分プッシュくらいに抑えて使ってます。

良く伸びるのでコスパもなかなか良さそうですね。

まとめ

米肌CCクリームは口コミ通りカバー力もありシミが消えることが分かりました。
多分、うまく隠れないという人はこすって付けているのかもしれないですね。
上手にトントンとつけるようにすれば写真のようにキレイに隠すことが出来るので是非お試し下さい。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑