写真だけの結婚式の相場は?千葉でフォトウエディングしてきました♪

公開日: 

1aeb408b11c7ab437edfc782bd3a7d8c_s

ウエディングドレスは着たいけど結婚式で人を呼ぶのは恥ずかしい、
結婚式をするくらいなら新婚旅行にお金を使いたい。

そんな理由で結婚式を挙げない人は写真だけの結婚式フォトウエディングがオススメ!

私は人前で愛を誓うのが恥ずかしくて死にそうだったので(笑)結婚式はあまりしたくなかったんですよね。

でも、ウエディングドレスは着たい!と思い写真だけの結婚式をしてきました。

今回はその時の体験談のお話です。

スポンサードリンク

写真だけの結婚式の相場は?

私が体験したのは千葉県の市原市にあるアガスティアという小さな結婚式が出来る場所です。

ここはフォトウエディングもしていて、写真のデータをすべてくれます!
基本料金の中にデータをすべてくれる所って珍しいですよ!

普通はアルバムに載せきれなかったけど欲しい写真のデータは別料金を払ってお買い上げしないといけないんです。
かなり良心的でビックリです!

これが決め手でアガスティアでフォトウエディングをしようと決めました。

私が写真を撮った時はもう数年前なので料金が多少違うと思いますがウエディングとカラードレス、メイクなど込みでアルバム仕様で確か12~13万円くらいでした。

数字だけ見ると一見高そうに思いますが、データもすべて貰えるなど気が利いていたのでそれ程高くは感じなかったかも。

相場は大体15万~20万くらいなのでデータを貰えてこの値段ならお安い方かと思います。

メイクと髪型はドレスを変えたときに一緒にお直し、髪型は別のスタイルにしてもらえました。

ドレスはあらかじめ別の日に試着をしてこれがいいというものを決めておきます。

で、ドレスにはサイズがあって自分が着たいドレスのサイズが合わないなんて言う事も…。
一目ぼれしたウエディングドレスがあったんですがそのドレスのサイズが9号。
普段は7号だとちょっと小さくて9号だとちょっと多きいなんていうちょっと中途半端な体型な私…。

やっぱり少し大きかった…。

でも、やっぱりそのドレスが気に入ったので写真に写らない場所をピンで止めてもらって無理やり着ることに(笑)
本当の結婚式だったら恥ずかしいけどフォトウエディングだから出来る技だそうです。

スポンサードリンク

写真撮影当日までに用意したもの

化粧のりがよくなる様に日頃のお手入れを念入りにしたことと
ドレス用の下着の用意をしました。

一応一生残るものなのでウエストラインをキレイにしたいという事で、ドレス用の下着を購入。

ドレスだと、背中が大きくあいているものとかもあるので普通の下着だと見えてしまうので専用の下着があると便利ですよ。

お着替えするときも気になるお腹まわりも隠れるので恥ずかしくないし(*´▽`*)

後は私が写真をお願いしたところは何とデジカメ持参OKなんです。
なので忘れずに用意していきました。

もちろんどこでもいいという訳ではないですが、休憩時間とかで時間を持て余しているときに写真を撮っていいし、スタッフさんも気を利かせてくれて二人の写真を撮ってくれました。

そこで思い知らされたのがやっぱりプロと素人が撮った写真の出来栄えの差(当たり前)

プロに摂って貰ったお写真の方がお上品の出来上がってます。
でも、自分たちで撮ったほうは普段の自分という感じでまぁ、それもよしという感じでしょうか。

フォトウエディングだとカメラの持ち込み禁止のところが多いのでかなり良心的かと。

撮影当日

私たちがフォトウエディングをしたのが春。
まだ、ちょっと肌寒い季節です。
実はこの時期結構雨が降っている日が多くてもしかしたら外での撮影が出来ないかも…
と、心配していたんですが当日はちょっと暑いくらいのいいお天気!
ドレスで外に出ても寒くなくて撮影しやすかったです♪
でも、旦那の方はタキシードだったから暑かったのかも。

さて、当日は女性のお化粧、ヘアメイク、衣装合わせにかなりの時間がかかります。
待っている旦那様はおそらくとっても暇になると思われます。
暇つぶしが出来る本などを持参するといいかもしれません。

そして写真撮影は思っている以上に体力勝負!

市原市まで結構長い道のりで、早い時間からの撮影だったので朝ごはんを食べないで撮影に臨んだうちらは無謀でした…。

初めのうちは楽しくてテンション高めだったのですが、途中から燃料切れ(笑)
朝ごはんは絶対に食べていきましょう(´Д⊂ヽ

後半から顏やつれます。。。。

そして疲れ切ったところで撮影終了。
その後写真の選抜をしないといけないので体力は絶対に残しておかないと
もうこれでいいや、みたいに写真選びが雑になってしまいます。

ですので、もう一度言いますけど
ご飯は必ず食べて行こう!!

ではでは、気になる写真はどんな仕上がりだったのかというと…

syasinndakenokekkonnsiki2

ポーズはカメラマンさんが指示をしてくれるので、その通りにしただけ。
はい、そこで見つめ合ってとか言われた時は普段そんなことしないので吹き出しそうな顔で見つめ合う羽目に(*ノωノ)

syasinndakenokekkonnsiki1

実は私この時ヒールを履いていません。
ヒールを履くと新郎の背を追い越す恐れがあったのでペタンコパンプス使用です。
まあ、それはそれで歩きやすかった。

syasinndakenokekkonnsiki

カラードレスバージョン!
顏はモザイクで隠れてますが、この時2人ともちょっと疲れた顏してお腹グウグウ鳴ってます(笑)

ちょっとブログに乗せた写真はピンボケしているように見えますが
実際に貰ったデータとアルバムはもっとくっきりキレイなので大丈夫です。

最後に

とにかく写真撮影は体力勝負!
見た目優雅でも思っている以上に体力を使ったというのが印象に残ってます。

でも、写真だけの結婚式に後悔はありません!
むしろ変に気を使わなくていいですし、金額もお安く済んで新婚旅行に回すことが出来たのでよかったです。
データも貰えるところだったので、親にデータを送ることが出来たところが良かったです。

アルバムとして残すのはちょっと恥ずかしいですけどいい思い出になります。

本当は小さいときの夢は大好きなディズニーランドで結婚式を挙げる事だったんですが、予算などの関係で無理だったので(;´・ω・)ザンネン
夢と現実はちょっと違ってしまいましたけど、予算内に収めた割にはいい思い出づくりが出来たと思います。
フォトウエディングの相場がいくらかはちょっと分からないですが、データ全部もらえてアルバム仕様の割には良心的なお値段で体験できたと個人的には思います。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑