髪が臭い原因は?べたつきはシャンプーがいけない?対策はどうしたらいい?

公開日: 

074115

毎日お風呂できちんと頭を洗っているのに髪の毛が臭い!
においの元を絶つために2度洗いまでしているのに何で?

その髪の臭いの原因とは何なのでしょうか?

スポンサードリンク

髪が臭い原因と対策

  • 髪を乾かしていない、又は生乾き

髪が短いし、夏だらすぐ乾くだろうなんていって髪を自然乾燥させようと放置していませんか?
濡れたままの髪の毛は雑菌が繁殖しやすくなっています。
そのまま寝るなんて言うのは言語道断!枕にまで雑菌がぶわ~っと広がってしまいます。
面倒でも髪の毛は洗った後にすぐよく乾かしておきましょう。

  • 頭皮の汚れが残っている

そんなこと言ったって、シャンプーでよく洗ってるよ!
という意見もありそうですが、毛穴に詰まった汚れは頑固ですのでシャンプーだけでは取れないこともあります。
そんなときはセルフヘッドスパがおすすめ!
無印良品などで売っているキャリアオイルを頭皮に付けてよくマッサージします。
マッサージした後は蒸しタオルを頭にしばらく巻くと毛穴も開いて汚れが落ちやすくなりますよ!
その後、シャンプーでよく洗い流します。
頭皮もスッキリしますし髪の毛もツヤツヤになります。

スポンサードリンク
  • シャンプーの洗い流しが足りない

シャワーを使う時、きちんと手でシャワーを持っていますか?
シャワーを固定したまま使っていると水圧が弱くて頭皮にまで水が届いていない可能性があります。
きちんと手で持ってトップやサイドと分けて頭皮までお湯が届くようにして洗い流して下さい。
その時にもう片方の手は頭皮にお湯が届くように少しためてパシャパシャ洗って下さい。
表現が難しいのですが、美容室で襟足を洗ってもらうときによくパシャパシャ洗ってもらえると思うのですが、まさにそれです。

また、シャンプーを泡立てないでそのまま直接頭に付けてしまうのもダメです!
返ってシャンプーの洗い残しが付きやすくなってしまいますので、必ず泡立ててから使うようにしましょう。

  • 朝に頭を洗っている

朝シャン!何だかおしゃれな響きですよね~。
でもこれも髪が臭くなる原因になっています。
朝は忙しいので髪の毛が半乾きになってしまいがちです。
半乾きだと髪の毛に色々な臭いが付きやすいって知っていましたか?
食べ物の臭い、たばこの臭い、酷いときは他人の体臭の臭いが付いちゃうなんて事も!
髪はなるべく時間の余裕のある夜に洗うようにしましょう。
どうしても朝じゃないとダメな場合はしっかりとドライヤーで乾かすようにしてください。

  • コンディショナーは毛先だけに付ける

コンディショナーを髪全体に付けてしまうと頭皮を塞いでしまって臭いの原因になってしまいます。
それに髪全体に付けてしまうと重くなってしまうので、毛先だけに付けるようにしましょう。

頭皮のべたつきの原因はシャンプー?

シャンプーはよく洗い流している、その後もすぐに乾かしている、でも頭皮がベトベトで臭い!
そんな時はもしかしたら皮膚にトラブルを起こしているかもしれません。

一般に売られているシャンプーは洗浄力が強い成分の入っているものも多いです。
洗いすぎは必要な油分まで流してしまって、パサパサの頭皮が余計に油を出してしまっている可能性も。

シャンプーを洗浄力の少なくて頭皮に優しいアミノ酸系の物に変えるか、
余りにもひどい場合には炎症を起こしている可能性もあるので皮膚科に行って診察してもらう事をオススメします。

また、油が出やすい食べ物もあります。

●コーヒー
●揚げ物
●スナック菓子
●チョコレート
●ファーストフード
●カップラーメン
●ケーキ

等など。

明らかに脂っこくて美味しい食べ物ばかりですね。
これらの食品を過剰に食べている場合は控えたほうがいいです。
バランスの取れた食事をするようにしてください。

まとめ

髪が臭くなる原因は生乾きやシャンプーなどの汚れが残ってしまった為雑菌が繁殖してしまった事によるので、
面倒くさがらずにしっかりとケアをするようにしてください。

特に梅雨の時期はジメジメしていてばい菌の繁殖にいい環境なのですぐに乾かすようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑