鼻の油の対策はどうしたらいい?崩れにくいメイクの仕方は?

公開日: 

165643

ちゃんと洗顔しているのに鼻だけ油が沢山出てテカテカになってしまってまるで洗ってないみたい…。
それって間違ったケアをしているせいで鼻の油が増えてしまっているのかもしれませんよ!

今回は鼻の油の原因と対策方法、鼻がテカル時のメイク方法について紹介します。

スポンサードリンク

鼻の油の原因

鼻の油が多く出てしまっている人は肌が乾燥しているか汚れが詰まっていることが多いです。

肌が乾燥していると潤そうとして油を過剰に分泌してしまいます。

でも、油が沢山出てくると結果的に鼻がテカってしまって脂取り紙で取ったり洗顔を必要以上に沢山してしまいがちです。

そうすると鼻は当然のごとく乾燥します。

乾燥するればまた肌を潤そうと油が沢山出てしまいます。

これでは悪循環ですね…。

しかも、一見油が多く出た鼻は潤っているように思いますが、肌の内側は乾燥したままです。
いわゆるインナードライという状態になっています。

インナードライになってしまうと化粧水が肌になじみにくくなってしまう事も。

スポンサードリンク

鼻の油の対策方法は?

乾燥が原因ですので油を落とすことよりも保湿を心がけるようにしましょう。

インナードライの場合は肌の奥まで化粧水がなじみにくいので、奥まで浸透するオイルフリーの化粧水がオススメです。

洗顔も必要以上にするのは肌が乾燥してしまいますので朝起きたときと夜の2回までにしておきましょう。

洗うときは擦りすぎてしまうと肌が傷ついてしまいますので優しく洗ってください。

強く擦ってしまうと肌を傷めてしまって乾燥の原因になってしまいます。

鼻がテカってしまった時も脂取り紙で取ってしまいたい気持ちも分かりますが、これも必要な油を取りすぎてしまう原因の1つです。

この場合は、ティッシュを1枚軽く鼻に押し当てて油を取ると油の取りすぎを防いで鼻のテカリも抑えてくれます。

 

テカリ鼻のメイクの仕方は?

メイクの前に化粧水を使うと思いますが鼻に油が溜まりやすい人は化粧水が中々浸透しない事があります。

すぐにメイクをしてしまうと崩れやすくなってしまいますので、化粧水が浸透するまでしばらく置いてからメイクをはじめてください。

メイクは毛穴を隠すために落ちにくいタイプの物を選びがちですが、これだと汚れが毛穴に詰まって落ちにくくなってしまいまた油が溜まっていくという現象が起きます。

オススメのファンデーションはミネラルファンデーション。

洗浄力の強いクレンジングを使わずに落とせますし、筆をつかって付けるので肌に余計な負担をかけにくいです。

それから油が多い鼻まわりはあまり厚塗りをしてしまうと崩れやすいです。
皮膚呼吸も出来なくなってしまうので、鼻まわりには薄~くつけるようにしましょう。

途中で化粧が崩れてきた時はティッシュで軽く顔を抑えて油を取り、軽く保湿してからファンデーションをしましょう。

 

まとめ

鼻の油の原因は乾燥している事なので保湿を心がける事が大事です。

お肌のターンオーバーは平均して28日と言われているので肌の調子が整うまでに時間がかかります。

ターンオーバーが乱れている人の場合ですともっと時間がかかってしまうかもしれません。

ただ、毎日正しいケアを続けていればお肌の調子は正常に戻ってきます。

日々の積み重ねが大事ですのでこれ以上鼻を乾燥させないようにケアをしていきましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑