ハウステンボスのイルミネーション光の王国の期間は?混雑具合はどう?

公開日:  最終更新日:2016/05/21

609b7619e27ceef80fb4ab2bbad49b96_s

ヒルナンデスやCMでおなじみのハウステンボスのイルミネーション!
全国イルミネーションNO1というだけあってかなりの規模です。

今回はハウステンボスのイルミネーションの期間と見どころの紹介をします。

スポンサードリンク

ハウステンボスのイルミネーションの期間は

2015年は9月1日~10月30日までの秋の光の王国と
10月31日~4月18日までの冬の光の王国があります。

夏の期間中も「光のどうぶつえん」というテーマでイルミネーションを開催していました。

夏は平日19時以降あたりならさほど混んでいないのでじっくり見ることが出来ます。

春も花をテーマにしたイルミネーションをしているので割と365日イルミネーションが楽しめるスポットと言えますね!

でも、イルミネーションって夏に見るよりも冬に見るほうがキレイに見えるんですよね。
空気が澄んでいるからかな??

ハウステンボスの行き方を楽天旅ノートで確認する

スポンサードリンク

ハウステンボスイルミネーションの見どころ

↓↓生の体験談頂きました↓↓

ハウステンボス内のアートガーデン周辺に一面のイルミネーションが装飾してありました。
夏休みに行ったのですが、「夜のどうぶつえん」というテーマで様々な動物を模ったイルミネーションを見て子供たちも喜んでいました。

19時ごろから何回かに分けて、ハウステンボス内を流れる運河の中心部辺りで「光と噴水の運河」が開催されていました。

運河が虹色のイルミネーションで光って色のついた噴水が噴き出していて幻想的でした。

私たちは利用しなかったのですが、「光と噴水の運河」をもっと近くで楽しむために運河を一周するカナルクルーザーがあります。

今度行ったときはぜひ利用したいなと思いました。

近くで眺めるのもきれいでしたが、アートガーデン奥にある白い観覧車に乗って、上からハウステンボス内のイルミネーションを眺めるのがお勧めです。

ハウステンボスは広大な敷地なので子供を連れてなかなか歩けません。

観覧車からだと遠くまで見渡せるので子供たちも感動していましたよ。

↑↑ここまで↑↑

とっても広いので子供と一緒の時は全部回ってみるのは難しいかもしれないですね。

光の王国だけでなく他の場所もイルミネーションで飾られているので、
どこを見ても楽しむことが出来ます。

やっぱり子供連れだと光の動物園は好評みたいですね♪

ハウステンボスイルミネーションの混雑具合は?

やっぱりイルミネーションと言ったらクリスマスに恋人と行きたいと思いますよね。
でも、そう思う人はとっても多いのでこの時期は混雑します。

園内には食べ物の持ち込みが禁止されているので、お腹が減ったら早めに食事をすませておきましょう!

花火大会程ではなくても小さなお子さんと行きたい場合は時期をずらして行った方がゆっくりと見ることが出来ていいと思います。

イルミネーションの開催期間が長いのでクリスマスにこだわらなければゆっくりと見る事が出来そうですね。

ならばずにすぐに入場したいならあらかじめチケットを購入しておくのかオススメ。
チケットぴあでいろんなプランのチケットを購入することが出来ます。

雨の日でもイルミネーションは見れる?

雨でも見ることが出来ます!
ただ、真冬はとっても寒いですよね(-_-;)

風邪を引かないように暖かい恰好で来てください。

ハウステンボスは期間限定で雨の日にレインコートや子供限定で飴玉のプレゼント企画もしているので意外と楽しめます。

9月27日までモンドリアン通りが傘で彩られているので濡れずに歩くことも可能!

詳しくはhttp://www.huistenbosch.co.jp/event/rainyday/

あとがき

365日雨の日も楽しめるイルミネーションスポットなんてとっても珍しいですよね。
テレビCMが流れるとついつい見入ってしまいます。

平日ならゆっくりと過ごすことが出来るので、機会があれば訪れてみてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑