なばなの里イルミネーションの混雑状況は?空いている日はいつ?

公開日: 

609b7619e27ceef80fb4ab2bbad49b96_s

世界一美しいイルミネーションと言われているなばなの里のイルミネーション。
1度は見に行きたいと思う人も多いと思いますが、とても人気なので混雑が気になりますよね。

今回はなばなの里の混雑状況と実は存在する空いている穴場の日、
実際に行ったことのある人から聞いた見どころについて紹介します。

スポンサードリンク

なばなの里イルミネーションの開催期間

開催期間:2015年10月24日~2016年 5月8日

営業時間:9時 ~21時

入園料:小学生以上2100円
入園料の中になばなの里で使える1000円分のクーポン券が付いているのでちょっと得した気分になります。

なばなの里の地図を楽天旅ノートで確認

 

なばなの里の混雑状況はと空いている日

平日の金曜日でも人はたくさんいます。
土日祝日やクリスマスは相当混雑すると思います。
人の流れで、景色の写真をとっている間に
はぐれてしまうこともあるので注意が必要です。

無料駐車場に3000台車をとめることができますが、
早い時間に行かないと駐車するのに時間がかかります。

出かけるときは余裕を持って行くことをオススメします。

テレビでも放送されて人気のなばなの里のイルミネーションですが、
クリスマスの時期を過ぎた辺りから空いてきます。

ゆっくりと見たい人は年明けに見に行くとのんびりお散歩気分で見れますよ!

また、雨の日もイルミネーションを見ることが出来ます。
雨の日は結構空いていますので、穴場です。

スポンサードリンク

なばなの里イルミネーションの見どころ

↓実際に行った事のある方の生のご意見をいただきました♪↓

光のトンネルが、とても綺麗でした。

広い面積なので全体的にカラフルで、
お城や、いろいろなイルミネーションがあって、
ちょっとした遊園地のような、ずっと居ても飽きない感じでした。

毎年違うイルミネーションに変わるので毎年行きたいと思います!

現実から異次元の世界に来たような錯覚に陥るほど本当にキレイで今年も絶対に行きたいと思ってます!

子供も大人も楽しめるのでファミリーで行くのもオススメです!

広いので、ちょっとした運動にもなりますし気分も癒やされると思います。

日本でも有名ですので他県からでも来る価値はありますね!

私は光のトンネルが特に大好きで、ずっと居たい気分になります。

今年は、どんな感じのイルミネーションになるのか、今から楽しみです!

早い時期に行くと、クリスマスツリーの点灯式もやってるので、これも是非とも見てほしいと思います。

 

とても参考になる動画もあったのでご一緒にどうぞ!


 

↓もう1件頂いてます↓

イルミネーションは冬の短い間しか見ることができない期間限定ですが、その見どころは毎年変わる「テーマ」です。

今まで「ナイアガラの滝」や「富士山」などがありましたが、季節によって変化したり、
一日を通して時間によってその景色が何度も変わり、壮大なスケールに圧倒されます。

特に富士山は日本の四季が感じられ、本当に素晴らしかったです。

実家が近いこともあり、毎年家族で行っていますが、今年もきっとまたバージョンアップすると思うので楽しみです。

その他にも、花壇に広がる「光の雲海」や、200mにもわたって続く「光のトンネル」、
巨大な「水上イルミネーション」やシンボルの「ツインツリー」などなど、見どころ満載です。

長い光のトンネルにはもう1種類あり、れんげや菜の花、桜、秋色など毎年変わる色とりどりのお花畑のトンネルも素敵です。

水上イルミネーションは近くの木曽三川をイメージしており、いろんな角度から見ることができます。

広大な敷地に様々なイルミネーションがあるので、毎年行ってもまったく飽きません。

 

最後に

なばなの里の近くには、長島温泉・アウトレット・遊園地・アンパンマンミュージアムがありますので、
イルミネーションを見るまでの日中も十分楽しむことができます。

家族や恋人と1日中楽しむことが出来るので冬の思い出づくりに最適ですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑