髪が顔に触れるとかゆいのはなぜ?原因と対策は?

公開日: 

074115

髪の毛が顔に触れるとチクチクと
痒くなってしまう事ありますよね。

そのまま放っておくと赤くなってかぶれてしまう事も!

その原因は何なのか追及していきましょう。

スポンサードリンク

整髪料が合わない&つけすぎ

オシャレに気を使っている人に
ありがちな失敗です。

髪に付いた整髪料の成分が肌に合わず
かぶれてしまっているのが原因です。

ジェルやオイルは地肌(頭皮)
には付けないようにしてください。

と注意書きがあるように
あまり肌に付けるように作られていないので、
かぶれやすくなってしまうんです。

対策としては髪が肌に付かないように束ねるか、
肌に優しい成分で出来ている整髪料を選ぶといいです。

オーガニックのような自然素材の物は
肌に触れてもかぶれにくくてオススメです。

例えばシアバターは肌につけると
モチモチのしっとりした使い心地になりまが、
髪にも有効で毛先を落ち着かせるのに役立ちます。

敏感肌やアトピーの人は整髪料を変えてみるといいですね。

合わない整髪料を使っていると
ニキビになってしまったりもしますので注意です。

スポンサードリンク

肌が敏感になっていて顔がかゆくなる

季節の変わり目などで肌が付かれていて
敏感になっている可能性があります。

顔の肌が敏感になっていると、
髪だけでなく毛布が触れただけでも
痒くなってしまうなんて事も。

夏は紫外線の刺激
冬は乾燥で肌がカサカサ

疲れてしまった肌は
今までと同じ化粧水を使っていると
ピリピリと違和感を感じることもあります。

そんな時は、肌が敏感になる
季節の変わり目の時だけでも
化粧水を変えてあげると楽になりますよ。



シャンプー&トリートメントの仕方が悪い

体を洗う順番どうしていますか?
体は、上から下に洗っていくのが基本です。

始めに顏を洗って次に
シャンプー&トリートメントをしてしまうと
トリートメントの成分が顔に付いたままになっていしまいます。

整髪料(スタイリング剤)と同じでトリートメントも
髪用に作られたもので肌に触れるように作られていません。

当然かぶれてしまう原因になってしまいます。

必ずトリートメントをした後に顏を洗うようにしてください。

髪型のせいで髪が顔にあたって痒い

レイヤーを入れた髪はUゾーンに
当たりやすく肌にダメージを与えやすいです。

肌が乾燥している時は特に痒みを感じやすくなると思います。

カットもレイヤーを入れないようにしてもらって
可能であれば頬に髪が当たらないように
お団子などにして結うとお金もかからず解決できます。

まとめ

髪が顔にあたって痒くなる原因は
整髪料、敏感肌です。

特に敏感肌は対策を何もしないと
痒いを通り越して被れて痛くなってしまうので
化粧水で肌を保護する、
髪を束ねる等工夫を怠らないようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑