里芋の皮むきをするっと簡単にする方法!手も痒くなりません!

公開日: 

c1a79716653ca01b5cf92e2c5a4446e7_s

里芋は普通に包丁で皮をむこうとすると
ぬるぬるして危ないし、
皮を厚めに切ってしまって小さく
残念な結果になってしまうなんて事も。

苦労して皮を剥いたのに
手が痒くて大変な事もありますよね。

今回紹介する方法は、
簡単だし、手が痒くならない方法に
なりますので参考にしてみてください。

スポンサードリンク

皮のまま茹でてから皮をむく

土がついているのでよ~く洗い流してから
お鍋に水と里芋を入れて火にかけます。

大きさにもよりますが、
大体8分くらいで火が通ってきて
柔らかくなります。

柔らかくなったら鍋から取り出して
流水につけながら、
皮を軽く擦ると簡単に皮が剥けます。

この時、里芋のおしり(ぷっくらしている方)
の方向に向かって擦ってあげると
簡単に皮が剥けます。

本当に簡単でくせになりそうなくらい楽に剥けます♪

電子レンジでチンして簡単!

茹でるのも面倒くさいという人は
電子レンジでも簡単に皮を剥くことが出来ます。

やり方は、
里芋についている土をよく洗い流して
電子レンジで里芋が柔らかくなるまでチンします。

こちらも大体8分くらいで柔らかくなりますが、
里芋の大きさやレンジによって
時間が多少変わってくると思うので調整してください。

柔らかくなったら、そのままだと熱いので
流水で冷やしながら皮を剥いていきます。

こちらも簡単につるっと剥けます。

お鍋を汚したくない人は、
電子レンジだと洗い物も少なく簡単に出来ますね♪

スポンサードリンク

洗わずにそのまま包丁で剥く

先ほど紹介した
茹でる、電子レンジを使う方法は
里芋に火が通ってしまいます。

その後のゆで時間も短くなって楽ですが、
火を通したくない人向けの剥き方も一緒に紹介します。

その方法とは、かなりの荒業。

里芋を洗わずに、
そのままいきなり包丁で剥いちゃいます。

水に濡れるとぬめりが出てしまうので
乾いたまま皮を剥いちゃうという方法です。

汚れは後で洗い流せば大丈夫ですが、
気になる場合は始めに土を洗い流して
その後キッチンペーパーなどで
水分を良くとって乾かしてから
皮を剥いてください。

乾かしたりするのが面倒な人は
いきなり剥いちゃいましょう。

分かりやすい里芋の下処理の仕方の
動画もありましたのでこちらも一緒にどうぞ。

最後に

皮を剥くのが難しくて
ついつい調理するのが面倒な里芋ですが、
今回紹介した方法を使うと
簡単に皮を剥くことが出来て、
手が痒くなることもありません。

特に小さな里芋を沢山使うときに
便利なので試してみて下さいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑