イチゴジャムをレモン汁なしで簡単に作ろう!賞味期限はどのくらい?

公開日: 

194679

小さいいちごをたくさんもらって
食べきれないのでジャムにすることにしました。

でも、急にジャムを作ることを決めたのでレモン汁がない!

買いに行くのは面倒だし…。

でも大丈夫です!レモン汁なしでも
イチゴジャムを作ることが出来るのでその方法を紹介します。

スポンサードリンク

レモン汁なしでイチゴジャムを作る方法

私がイチゴジャムを作るときは
焦げ防止のために電子レンジ愛用しています。

チンするだけなので簡単で楽ですよ。

●材料●
・いちご 300g
・砂糖  150g

用意するのはこの2つだけです。
いちごと砂糖の量は2対1になる様にしてください。

●作り方●

いとごを大きめの耐熱容器に入れます。

DSC_0041_4

その上からお砂糖をダバッと入れてから
蓋をしないでレンジで3分くらいチンします。

DSC_0042_5

3分経たなくても沸騰してきて
あふれそうになってきたら一度取り出して下さい。

アクが溜まっているので取り除いてからもう一度電子レンジへ。

大きめの器に入れていないと、
あふれてしまう事があるので注意です。

これを3回くらい繰り返すとこうなります↓

DSC_0043_5

始めは少し緩いですが、冷えるとプルプルになりますよ♪

レモン汁なしでもきちんと固まってくれます!

DSC_0044_5

固さはお好みによって調整してください。

緩いのがお好みの場合は加熱回数を少なく、
固く仕上げたい倍は加熱回数を多めにしてください。

温かいままパンケーキののせて食べても美味です♪

何でレモン汁なしでもジャムに
とろみがつくのかというと、お砂糖の濃度です。

レモン汁を入れる理由はレモン汁に含まれる
ペクチンでトロみを付ける役割があるからですよね。

でも、レモン汁を入れなくても
お砂糖を沢山入れることで
砂糖のトロみが出るのでそれで
代用しているという感じになります。

スポンサードリンク

手作りイチゴジャムの保存方法と賞味期限

イチゴジャムを長く保存しておく場合は、
ジャムを手作りする前に保存する瓶と蓋を
熱湯消毒してよく乾かしておきましょう。

消毒や水けを取っておかないと
カビが生えやすくなってしまいます。

容器の準備が出来てからイチゴジャムを作ります。

ジャムが出来上がったら
熱いうちに瓶に詰めて蓋をしてください。

(いちごジャムを詰める為に使うスプーンも熱湯消毒しておくのを忘れずに!)

そして、そのままクルッとひっくり返しておいてください。

こうすることで瓶のふちに付いた菌を
熱いジャムで消毒する効果があります。

しっかりと消毒出来ていれば常温でも
未開封の場合、1年以上保存が可能になります。

長く保存しておくコツは
雑菌を出来るだけ取り除く事と、
ジャムを作るときのお砂糖の量も関係します。

先ほど紹介したレシピでは
いちごと砂糖の割合が2対1でしたが、
長く保存しておきたい場合は
お砂糖を8割位入れたほうがいいです。

賞味期限は1度蓋を開けたら必ず冷蔵庫で保管し、
2週間くらいで使い切ったほうがいいです。

どんなに保存の時に雑菌しても、
一度蓋を開けるとそこからどうしても雑菌が
入ってきてしまうので早めに使い切るようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑