えごま油は国産で無添加が安心!人気商品集めました!

公開日:  最終更新日:2016/02/08

320700

認知症や血圧、美容にいいとテレビでも紹介されて
人気の高いえごま油ですが、産地を気にして買っていますか?

一時スーパーでも通販でも品薄状態になりましたが、
今では簡単に買うことが出来るようになってきましたよね。

でも、産地を見ると中国産だったり、
製造が日本でも原料が韓国産だったりとトラップがあります。

せっかく健康の為に体に取り入れる物は国産で無添加な物が良いですよね。

今回は人気のある国産、無添加のえごま油を集めてみましたので購入する際の参考にしてみてください。

えごま油の効能についてはコチラで説明しています。
エゴマ油の効能が認知症に効果があるって本当?副作用は大丈夫?

スポンサードリンク

 

鹿北製油 国産 えごま油

林修の今でしょ!講座でも紹介されていたえごま油です。

農薬や化学肥料を一切使わずに作られた国産のえごまを原料として使用。

「石臼式玉締め搾り」という方法で搾油されています。

 

宮崎県産 えごま油 Juna egoma oil GOLD

宮崎県産、農薬・化学肥料不使用のえごま油です。

30度以下の低温圧搾でじっくりと丁寧に作られています。

丁寧に作られた分お値段も高めになっているのが難点ですが、
安心料と言えるのではないでしょうか。

他のえごま油よりも量が多く入っているので、
早く使い切る自信が無い人は酸化の
恐れがあるので避けたほうがいいかもしれません。

 

アルバ えごま×オリーブ

オリーブオイル80%とえごま油(岩手県産)20%がブレンドされているオイルです。

オリーブオイルの比率の方が高いので
えごま油の香りや臭いが苦手な人は、
まずこちらからチャレンジしてみるといいかもしれません。

オリーブオイルに含まれているオレオカンタール
という成分も認知症予防に効果が期待できるとして注目が集まっています。

酸化防止効果の強いオリーブオイルが混ざっているので、
えごま油の酸化しやすいという欠点を補ってくれています。

 

島根えごま油

島根県産、農薬不使用、無添加、
非加熱の低温圧搾で作られたえごま油です。

使用しているビンが他のものと違い着色瓶を使用しています。

えごま油は光でも酸化していってしまうので
着色瓶を使用することで、
油の酸化を少しでも遅らせる事が期待できます。

こういう、ちょっとの心遣いも嬉しいですね。

国産 えごま油(しそ油)110g3本セット 送料無料

国産 えごま油(しそ油)110g3本セット 送料無料
価格:6,804円(税込、送料込)

 

オーサンファーム えごま油

島根県産、無農薬、無添加加工、
焙煎をしない生搾りの低温圧搾法で作られたえごま油。

色はキレイな黄金色をしていて、
味もまろやかで食べやすいです。

 
国産のえごま油は希少で人気もあるので
売り切れてしまっている事もあります。

販売していても個数制限がある場所が多いので、
国産のものを長く愛用するのは
残念ながら難しいかもしれません。

スポンサードリンク

国産のえごま油は味が違う!

私もえごま油は正直魚臭くて苦手でした。

でも、少し高いですが国産、生絞りのものは味がまろやかで食べやすいんです。

これにはかなり驚きでした。

ただ、やはり国産無添加の商品は人気が高く、
タイミングによっては売り切れてしまっている事が多いです。

テレビで紹介されてから注文が殺到して
生産が追い付かなくなってしまっているというところも多いようです。

スーパーなどで簡単に手に入れることが出来る
えごま油は値段もお手頃価格で買えますが、
産地が国産じゃなかったり、
製造元が日本だけど原料が外国産だったり
という事があるので、国産にこだわりのある人は
良く見てから買うようにしましょう。

えごま油は保存の仕方に注意してください

上質なえごま油を買うことが出来ても
保存の仕方を間違ってしまうと
せっかくの栄養価が無くなってしまいます。

開封すると酸化が早くなりますので、
冷蔵庫で必ず保存して、早めに使い切るようにしてください。

加熱にも弱いですので使うときはドレッシングとして使ったり、
パンなどに付けて食べるようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. 西尾 ゆみ より:

    すごく参考になり、わかりやすいです。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑