上履を白くにキレイに洗う方法を教えて!洗剤は何を使う?

公開日: 

135915

上履きってがんばって洗っているのに上手く白くならなくてまるで洗わずに持たせているみたいになってしまって嫌ですよね。

洗濯機で洗える商品も出ていますが、それで洗ってもしつこい汚れは落ちてくれない事が多いです。今回は上履きをキレイに白くする洗い方を紹介します。

スポンサードリンク

歯磨き粉を使って洗う

歯磨き粉は研磨剤(重質炭酸カルシウム)が入っていますので汚れが良く落ちるんです。歯磨き粉を2センチ程度上履きにのせて、普通にブラシでゴシゴシ洗ってみてください。

泡立ちもそれなりにありますし汚れがキレイに落ちて白くなります。歯磨き粉は100均のものやホームセンターなどで一番安い物で十分ですのでコスパも良いです。

ただ、ちょっとだけデメリットもあります。それは歯磨き粉は大体ミント味だと思いますが、洗い上がりがミントの香りになっちゃいます。それに結構きつめ。よ~く乾かせば匂いは薄くなりますが、子供に上履きを持たせる時も微妙にミントの香りが残ってました。

重層で浸け置き洗い

バケツなどに上履きが隠れるくらいにぬるま湯を入れます。そこに重層を大さじ2杯くらい入れて良くかき混ぜて溶かします。

そのまま一晩浸けておいて翌日水を捨てて、洗剤(石鹸でも可)と重層を各同じくらいの量を混ぜてブラシで洗います。浸け置きしているので無理にゴシゴシ擦らなくても落ちますし重層は嫌な臭いを取る役割もあるのでスッキリキレイになります。

もしも、上履きの臭いがキツすぎる場合は始めの重層で浸け置きの時に重層を多めに入れてあげると消臭効果が上がります。

スポンサードリンク

ママの間で評判の高い石鹸ウタマロやキシクリーンを使って洗う

ウタマロは幼稚園のお母さんたちの間で評判の高い洗剤です。石鹸タイプもありますが、洗剤タイプの方が洗いやすいかな。私も先輩ママさんにこれいいよと教えてもらいました。

値段も安くお手頃価格で買えるのが魅力です。

 

そしてさらに、その上をいくのでは?とママたちの間で最近浮上したのはキシクリーンという洗剤。コストコや通販で買うことが出来ます。

 

値段は少し高いですが、その仕上がりの白さに驚き手放せなくなったというママさん続出です。

ウタマロもオキシクリーンも上履きを洗うだけではなく泥汚れやワイシャツの襟の黄ばみも取れるので普段使いにも大活躍です。良く落ちる分手も荒れやすいので必ず使うときは手袋を着用して洗うようにしてくださいね。

セスキ炭酸ソーダでつけ洗い

アルカリウォッシュ(セスキ炭酸ソーダ)もかなり強力です。我が家では上履きの汚れが酷いときはセスキ炭酸ソーダにつけ置き洗いです。

 
使い方は重層ののつけ置き洗いと同じで、上履きが隠れるくらいにぬるま湯と大さじ2杯のセスキ炭酸ソーダを入れて良く溶かします。後は一晩つけてから翌日軽く擦り洗いでキレイに白くなってくれます。

アルカリが強いので、素手で洗うと手が荒れてしまうので必ず手袋を付けて洗ってくださいね。セスキ炭酸ソーダは固まった血液汚れも取れるので布ナプキンを使っている人はコレで洗うとすごくキレイになりますよ。

最後に

いかがでしょうか?上履きを洗うにもいろんな洗剤があって何を使ったらいいのか迷ってしまいますよね。

今回紹介した方法はどれも幼稚園のママに聞いた上履きを白くする洗い方です。色んな方法があるのでやりやすい方法を試してみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑