お歳暮のお礼状ははがきで出してもいいの?それとも封書のほうがいい?

公開日: 

2a2cfc9fd29becfb81fccac7f2e9a711_s
会社や親戚からお歳暮を貰ったら
最低限のマナーとしてお礼状を返しておきましょう。

親しい仲であれば電話で直接お礼をいう事も出来ますが、
会社などの企業からもらった場合はどうしたらいいのでしょうか?

スポンサードリンク

はがきや封書でお礼状を送るのであれば
相手の都合を気にせず送ることが出来ます。
面識のない相手の場合も電話よりもはがきや封書のほうが
お礼を言いやすいですし
丁寧な印象も与えることが出来ますよね。

ここで気になるのが、はがきと封書では
どちらのほうが失礼にならないかという事ですね。

一般的に封書は正式、ハガキは略式なものとなります。
どちらが正しいという事は無いのですが、
それぞれの使い分けを参考程度ですが書いておきます。

はがきの場合

●お礼状の文が余り長くなく簡潔に納まっている場合。
●中の文を見られてもかまわない場合。
●友達や親戚のような親しい人の場合。

封書の場合

●はがきでは礼分が納まりきらない時
●中身を見られたくない内容の場合。
●目上の人に送る場合。
(お歳暮のお礼状ははがきでも失礼という事は無いですが
封書のほうが丁寧な印象を与えることは出来ます。)

お礼状の書き方の流れとしては

●挨拶
●お礼
●相手を気遣う言葉
●今後もお願いしますというお付き合いのお願い
●末文挨拶

このような流れになります。

例文

拝啓
寒冷の候 益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
先般は結構ななお歳暮の品を戴き、誠に有難うございました。
いつに変わらぬお心配りをいただき感謝申し上げます。
寒い日が続いておりますが、ご自愛のうえ、
よいお年をお迎えくださいますようお祈りいたします。
敬具

お礼状はお歳暮を貰ってから1~2日以内に書くのが理想です。
もし、忙しくてお礼状を書くのが遅れてしまった場合は
一言「お礼が遅くなってしまって申し訳ありません」
と添えておくといいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑