幼稚園の入園式はパパも参加する?服装はどうしたらいい?

公開日: 

363836

ついにお子さんが幼稚園へ入園するときが来ました!そこでふと気になるのがパパの参加はどうしたらいいのか?

ママだけ行けばいいのか、又はパパも参加したほうがいいのか、実際みんなはどうしているんでしょうか?

スポンサードリンク

幼稚園の入園式にパパの参加率は?

幼稚園の入園式は平日にすることが多いですので土日仕事が休みのパパは入園式の参加が難しくなります。サービス業のパパならシフトの関係で休みという事もあるかもしれませんね。

我が家の場合自分の考えでは入園式は平日なのでママだけ行けばいいかな?という考えだったのですが、旦那が気合入ってて入園式の日に大事な仕事が入ってなければ有休とって一緒に入園式に参加するよ!と。

えぇぇぇ??!休んじゃうの??私が高熱で立ち上がれない位具合悪い日も仕事に行っちゃったのに?何たる娘への溺愛っぷり…と思いましたが、まあ休めるんなら来てほしいかなという事で一緒に入園式に参加することに。

では、実際にパパの参加率はどうだったのかというと、地域によって参加率が異なってくるそうですが、私の住んでいる地域ではパパの参加率は約半分程度といったところでした。

正直な所自分が子供の時は父親が入園式の参加するなんて話聞いたことが無かったので、こんなにも来る人がいるんだとちょっと驚きでした。

友人の住む隣の市は入園式のパパの参加率は約3分の1くらいだったそうです。それでも平日の割には多めですね。場所によっては8割なんていうところも。

スポンサードリンク

パパの参加は強制ではない!でもいると嬉しい!

それなりにパパの参加率が高いようですが、強制参加ではないので仕事があったらもちろん仕事の方を優先していいと思います。

幼稚園の方でもパパ用の席は用意していない所がほとんどになりますので、基本的にパパはホールの後ろの方で見ることになります。

じゃあ、パパはあんまり来る意味がない?と思ってしまいそうですが、パパにしか出来ない大事なお仕事もあります!

それは写真&ビデオ係!一応幼稚園の方でも写真屋さんがいてある程度撮って貰えますが、やっぱりパパに撮ってもらったほうがわが子中心で撮れますからいい思い出になります。幼稚園によっては撮影スポットを用意してくれていたりもしますよ。

と、ここだけ聞くと便利屋みたいになっちゃいますが、実際に行ってみるとやっぱりわが子の成長を確認できるいい機会です。入園式に行ったパパは感動している人も多いですし、子供もパパがいると嬉しいみたいですよ。

それにあまり幼稚園に行くことの無いパパでも何となく幼稚園のの雰囲気が分かるのでお休みが取れるのであれば参加して損はないです。

パパの服装はどうしたらいい?

では、入園式に行くことになったら服装はどうしたらいいのか?

絶対にダメな服装は普段着です。はっきりいって一人も普段着で来る人はいないのでかなり目立ってしまいます。きれいめカジュアルな服装も避けたほうがいいです。

そうなると服装はスーツとなりますが、スーツにも種類がありますよね。

フォーマルスーツほどかしこまった格好をしている人も入園式では見かけることはめったにありません。

基本的にみなさんビジネススーツを着ています。ネクタイの色もそこまでこだわる必要はなく、普通の会社に出勤して怒られない物を選べば大丈夫です。

キャラクターものや派手な色は避けましょう。まれにネクタイなしの人も見かけますが、ネクタイは一応していったほうが無難です。

入園する幼稚園によっても服装の差は少し出てきてしまうので、気になる場合は幼稚園に直接父親の恰好はどうしたらいいですか?と尋ねるのが一番早く解決します。

まとめ

入園式のパパの参加率は意外と高めですが、絶対に仕事を休んで参加しなければいけない事は無いのでその家庭によってママだけの参加になったり2とも参加したりとさまざまです。

パパはあまり幼稚園に足を運ぶ機会が無いので、休みが取れるのであれば見学を兼ねて行っておくといいですね。子供を預ける場所がどんなところか見ておくのは大切です。

入園式に行く場合はビジネススーツで来ている人が大半です。ネクタイの色はそこまでこだわる必要は無く、普段使いしているもので大丈夫です。間違っても普段着で行くことだけはしないようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑