ダイソーヘナの放置時間は?白髪はキレイに染まるの?使った口コミ

公開日:  最終更新日:2016/04/29

KIMG0110

100均のダイソーにヘナが売ってるって知ってましたか?へナって結構高いんですよ!

楽天でも売っている良く染まると口コミのいいハナヘナは100gで平均2000円位で売ってるんですけど、ダイソーのヘナは80gで100円。かなり激安ですよね。

本当にキレイに染まるのか実際に使っていましたので口コミしますね。

初めてで使い方が分からない人の為に放置時間とかも一緒にメモしておきます。

スポンサードリンク

ダイソーのヘナ ナチュラルオレンジとインディゴどっちがいい?

ダイソーのヘナはヘナ100%のナチュラルオレンジとインディゴ等が混ざっているヘナの2種類がありますが、どっちの方が白髪染めに向いているのかというと基本は100%ヘナのナチュラルオレンジになります。

というのもヘナは染めるのに結構時間がかかります。初めて染める場合は3時間くらいは必要といいますよね。トリートメント効果もあるので長く放置していても髪が傷むことはありません。

一方インディゴは染め時間は30分もあれば十分染まります。逆に長く頭にのせていると髪がきしむ原因になってしまうんですよ。なので買うのはナチュラルオレンジが正解。

でもヘナって黒く染める事が出来ないんです。染まる色は明るいオレンジ色。ナチュラルオレンジって書いてありますけど白髪は見事なオレンジになります。

ポツポツある程度の白髪ならヘナのみでもいいかもしれませんが、白髪の量が多い人はヘナで一度染めた後に、再度インディゴ100%で染め直さないといけないんです。

100均にはインディゴ100%は置いてないので、他の場所で買い直さないといけませんね。

ヘナ染めって面倒ですよね…。でも髪が傷まずに染まるのが魅力でもありあます。

スポンサードリンク

ダイソーのヘナで実際に白髪を染めてみました

つい最近ヘナだけで髪を染めていたのですが、3週間くらいしたら根元に白髪が目立ってきたので再度染め直しします。

KIMG0109

茶色くなっている部分が白髪を前回ヘナで染めた部分。見事にオレンジ色ですわ。

KIMG0113

私は髪の量多いので一袋全部使って染めます。

水道のお湯をMAXに温めて(40度くらい)少しづつへナに加えていってマヨネーズくらいになるまでヘラでコネコネしていきます。

ヘナは熱湯に弱いのでやかんで沸かしたような熱いお湯は使ってはダメです!熱湯で溶くと染まりが悪くなってしまうんですよ。

KIMG0114

このまま使ってもいいんですが、初めてのヘナは髪がきしみやすいです。そこでエッセンシャルオイルを加えてあげます。

今回はラベンダーを使いました。エッセンシャルオイルを使う理由は髪のきしみ防止以外にもヘナ独特のにおいを少し緩和するのに役立ちます。

KIMG0115

ココナッツオイルなどのオイル系を使う人もいますが、私はきしみが気になるからとオイルを入れたら髪がベタベタになってしまったので使ってません。

この辺りは色々試してみて自分の髪にあった使い方を探してみてください。

あと私のとっておきの方法はナプラのコラーゲンパウダーを加える事

付属されているスプーン2杯くらいヘナに混ぜて使うとツヤ効果がアップします♪

ここで下準備は終了。説明書にはヘナをお湯で溶いたら数時間寝かせておくと書いてありますが、何回か使った結果寝かせなくても染まることが判明したので寝かせ時間なしで染めていきます。

私流ヘナの染め方と放置時間

ヘナを使っていると体が冷える効果があるんですね、でもある程度温かくしていないと染まりが悪い。

そこで私流のヘナ染めの方法はお風呂に入るついでに染めちゃう!です。

小さい子供がいるので旦那が家にいる土日のみしかできませんが、お風呂で染めると体が冷えることは無いし、あたたかいので染まりがとってもいいんです。

ヘナは放置時間3時間位といいますが、お風呂のついでに染めると1時間くらいでバッチリ染まります♪

ヘナ染めに使用する道具

●ビニール手袋
●タオル
●サランラップ
●トリートメント保温キャップ
●スマホ&ジップロック(暇つぶし用)

まずは髪に付いている汚れをシャンプーを使って洗い流します。

タオルドライ後ヘナを髪に付けていきます。

ヘナはハケを使うと塗りにくいので手袋をした手でガッツリ取って髪にどんどん塗りつけていきます。

白髪が気になる部分を中心にたっぷりと塗りこんだらその後髪全体に伸ばしていきます。細かいブロッキングは無し!ぶきっちょでも簡単です。

全体に塗り終えたら髪をサランラップでまとめます。空気があまり入らないように密封するイメージで巻いてください。

その後簡単に髪をぐっと頭皮に押し付けて根元にまでヘナが行き届くようにします。

更にその上に保温キャップをしてしばらく放置です。

保温キャップはコレを使ってます。

丈夫なので荒く洗っても破れたりしません。すでに数年同じものを使いまわして使ってます♪

放置中はヘナで汚れてしまった場所を洗ったり、ジップロックに入れて防水したスマホで(ちゃんとタッチできるので便利)ゲームしたりネットショッピングしたりして暇つぶしします。

私の場合はヘナを塗り終えてから約45分くらい経ってから頭に巻いていた保温キャップとサランラップを外して軽く髪をもんで空気を入れて更に15分放置します。

ヘナは空気に触れてると発色が良くなってくるのでこのラップを外してからの放置時間は大事です。

時間になったら後は洗い流して終了。

KIMG0225

無事に根元まで染まりました♪そしてツヤツヤ。

初めてだときしみが気になりますが、ずっとヘナ染めを続けていくときしみは少なくなってそこまで気にならなくなってきます。

髪がきしむのは傷んでいる証拠。使い続けることで少しづつ髪が補修されてキレイになってきます。

ヘナは時間とともに発色していくので色が落ち着くのは3日位経ってからです。

でも結局オレンジ色なんですよね~。

という事で更にインディゴを使って白髪を目立たなくしてみました!

長くなってしまったので、インディゴ染めの様子は次回に更新しますね。

続きはこちらから→ヘナインディゴの2度染めの方法!実際に染めてみました

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑