ダイソンコードレスがすぐ止まるのは故障?原因は接触不良?

公開日: 

476244

我が家ではダイソンのコードレスタイプを6年程前から愛用しています。

今もその時に買ったダイソンを使っているのですが、結構スイッチを入れても止まってしまうという現象にぶち当たります。

6年間使った経験からその原因と解消法を紹介していきますね。

スポンサードリンク

初めて使った時は接触不良でスイッチがはいらなくなった

オープン記念で安く購入することが出来たコードレスタイプのダイソンを買って翌日、早速使ってみるとスイッチを押してもすぐに切れてしまうという不具合が発生。

全く入らないという訳では無いんですけど、1分も使うとすぐに切れちゃう感じでした。それの繰り返しだから掃除どころじゃない。

充電が足りていないのかな~と、翌日まで更に充電してみるも変わらず、取りあえず買ったお店に電話してもオープンしたてのほやほやだからなのか電話が全くつながらず、祝日ということもあってダイソンのカスタマーセンターへの電話も出来ない状態でした。

仕方なく自分で調べてみると、どうも本体とバッテリー部分の接触不良の様でした。見た感じおそらくバッテリーというより本体の方の金具?部分の不具合。

休み明けに改めてダイソンのカスタマーセンターへ電話したところ、代わりの商品を送るという事で送られてきた品は何とバッテリー・・・。

??

本体側が良くないみたいって伝えたはずなんだけどな?

電話だと話がうまく伝わっていなかったのか間違えて送っていたのか、取りあえず送られてきたバッテリーをつけてみたけど、やっぱり動かず・・・。

もう一度状況を電話で説明したところ、本体を丸ごと交換という形になりました。

気になる間違って届いたバッテリーですが、ダイソンさん側が間違えたのでそのまま差し上げますとのお答えが!ちょっとだけ得した気分♪

新しく届いたダイソンは途中で止まってしまう事も無く快適に使う事が出来て大満足だったのですが、その後また止まってしまうという現象に悩まされます。

スポンサードリンク

2回目の故障?原因はバッテリーの寿命でした

ダイソンを使い始めてから約2年後、また調子が悪くなりすぐに止まってしまうという現象が出てきました。

ダイソンのバッテリーって結構重いのに本体の下の方にカチッとつけるので、長く使っていると重さで少し下に下がってきてしまうので、今回も接触不良が原因で上手く作動しなくなってしまったとその時は思ったんです。

その時の対処法は、バッテリーが下がってこないようにお弁当箱の蓋が開かないように止めるゴムを使ってバッテリーを固定してみました。これなら本体とバッテリーがカチッと止まってくれるので、それで解決できると思ったんですよね。でも、全く効果なし。

という事は接触不良が原因ではないという事になりますよね。

そこでもしかしてバッテリーそのものがダメになってる??と思い、余分に貰ったはいいけど押入れにしまったままだった予備のバッテリーをはめてみると・・・

めっちゃ元気に動き出したではありませんか!

その後調べてみたんですが、コードレスタイプのダイソンは約2年で結構寿命になってしまうみたいです。

吸引力も良くて使い勝手が結構良くて気に入っているんですが、2年で新しいバッテリーを買わないといけないと考えるとちょっとコスパが悪い気がしますね。

今回はたまたまもう1個バッテリーを貰っていたからタダで回復しましたけど、新しく買い直すのは、う~んって思っちゃいますよね。

ダイソン3回目の停止…

それから2年後、前回と全く同じ症状でダイソンが停止してしまう現象になってしまいました^^;今回は原因は明白。あれから2年なのでバッテリーの寿命ですね。

もう予備のバッテリーも無いので新しく自分で買い直さないといけません。

もういっその事新しい掃除機に買い替えようかと思って色々と電気屋さんで試してみたんだけど、やっぱり吸引力は個人的にはダイソンが優秀と思い新しくバッテリーを買い直すことに。

で、公式サイトで買おうとすると結構なお値段がするんですよ!

なのでどうにかならない物かと探していたらいいの見つけました。

正規品ではないのですが問題なく使えました♪

しかも安いし、これならまたダメになってしまっても新しく購入しやすいですよね。

本体が壊れてしまうまではまたこのバッテリーを使ってしのいでいこうかと思っています。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑