Fimageお尻を育てて上げるガードルの口コミ!美尻になれると評判!

公開日: 

408730

年をとると気になるお尻のたるみ。

若いときはそんなに気にしていなくても30歳を過ぎたころからたらんとだらしなく垂れてきてしまってパンツスタイルが恥ずかしいなんてことも…。

そんな人にぴったり商品がテレビ通販ポシュレで紹介されていました。

その名もFimage(フィマージュ)お尻を育てて上げるガードルという履くだけで垂れ下がってしまったお尻をスッキリとさせて、しかもお尻のエクササイズも可能にしちゃうお尻専用のガードルです。

今回はそのFimageお尻を育てて上げるガードルの口コミや効果について紹介します。

スポンサードリンク

Fimage(フィマージュ)お尻を育てて上げるガードルの口コミ

まだ販売されて間もないのでこちらの商品は口コミがまだ残念ながらありません。

でも、同じメーカーから似たような商品がありましたのでそちらの商品の口コミを見てみましょう。

それがコチラ

お尻だけのサポートで太ももまで長さのないタイプのガードル『マカロンヒップ 骨盤ショーツガードル』です。

こちらも年齢とともに骨盤がずれてきてしまい垂れ下がってきてしまったお尻をサポートしてプルンとした理想の形に整えてくれます。

口コミも割とよく、

・薄い素材で蒸れにくく良く伸びる

・程よいフィット感で優しくサポートしてくれている感じが履きやすい

・レギンスやスキニーも格好良く着こなすことが出来る

・丁度いい感じのフィット感なので長時間履いていても苦にならない

・丈が短いので履きやすい

と中々好評のようです。

一方少しですが満足出来なかったという口コミはというと

・締め付け感が足りないのでワンサイズ小さめを買えばよかった

・お肉がはみ出してしまって段になってしまってかえってみっともなくなってしまった。

・骨盤の強制力としては物足りない

等の意見がありました。

好みの問題もあると思いますが、締め付けがキツイものを好む人には向かないようですね。

サポート力に関しては余りにもキツ過ぎるとお尻の丸みまで無くなってしまうのでワンサイズ下にするのはあまりオススメ出来ない方法な気がします。

スポンサードリンク

Fimageお尻を育てて上げるガードルの効果は?

では今回販売されたFimageお尻を育てて上げるガードルですが、こちらは7分丈のひざ下までのロングタイプ。

ウエストもおへその部分まですっぽりと入り丈も長めでお尻のお肉が太ももに逃げてしまうのを防いでくれる作りですので、ショーツタイプよりもお肉のはみ出し防止につながりますね。

また、太もももサポートしていますので太ももに逃げてしまった本来お尻だったお肉もクイっと持ち上げてくれて、本来あるべき場所へ促します。

ショーツガードルが合わなかったという人も7分丈の「お尻を育てて上げるガードル」なら満足できるかもしれないですね。

履くだけでパンツスタイルもスッキリとキレイに着こなすことが出来るお尻を育てて上げるガードルですが、その効果はそれだけじゃないんです!

お尻がたるんでしまう原因って中殿筋が弱ってしまう事が多いんです。

中殿筋というのはお尻の横の部分にある筋肉で、この筋肉は他の筋肉と違って細く弱い場所なので、比較的早く弱りやすい場所です。

というのも、人は元々は4足歩行の生き物でしたが、進化して今は2足歩行していますよね。

中殿筋で2本の足を支えるのは結構な負担になってしまい、筋肉が弱くなってしまってお尻のたるみに繋がってしまうんですね。

中殿筋が弱ってしまうとお尻のたるみだけじゃなく、直立した状態でも体が偏ってしまい体のバランスが上手く取れなくなってしまいます。

そうすると歩きにくく転倒しやすくなってしまったりしますので、中殿筋を鍛えるのは実は結構大切な事だったりするんです。

とはいえ中殿筋を普段の生活で鍛えるのは難しいですのです。

でも、お尻を育てて上げるガードルなら履くだけで筋肉に刺激を与えてくれて、ストレッチなどの面倒な運動もせずに、知らず知らずのうちに中殿筋を鍛えてくれるという優れものです。

自分でストレッチ出来るからいいよ、という人にはお尻を育てて上げるガードルは不要だと思いますが、運動する時間がない、楽してヒップアップを目指したいという人には向いている商品です。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑