ホワイトデーのお返しの飴やクッキーに意味がある?本命は何贈る?

公開日:  最終更新日:2015/02/09

365c0a28a3beaea8c33791fde10b7703_s

バレンタインデーのお返しに
ホワイトデーに何を贈ろうとお考えですか?

定番だと飴やクッキー
マシュマロといったところでしょうか。

実はお返しにあげるお菓子に
それぞれ意味があるって知ってましたか?

スポンサードリンク


 

ホワイトデーのお返しの意味

 
飴の場合

飴をお返しに渡すのは

【私もあなたの事が好きです】

という意味があります。

飴は甘いからあま~い関係みたいな?

バレンタインにチョコを貰って
お返事がOKだったら飴をプレゼントするといいかも。

でもお返しに飴ってあんまり人気が無いような気がします。

ホワイトデーの売り場も飴よりもクッキーの方が多く並んでますよね。

 
クッキーの場合

クッキーには

【このまま友達でいよう】

こんな意味があります。

食べるとサクッとしてるにかけてるんでしょうか?

言葉遊びみたいですね。

 
マシュマロの場合

なんとマシュマロには

【私はあなたの事が嫌いです】

という意味があるんです!

そんなん、わざわざ嫌いなんて申告しなくてもいいのに(´Д⊂ヽ

嫌いならお返しなんかいらないよ~。

っていうか、

私、旦那と付き合ってた時に
マシュマロ貰った事あるんですけど…。

 
マカロンの場合

【あなたとは特別な関係】

こんな意味があります。

ちょっと高級なお菓子というところから
特別という意味があります。

特別と言われると
じゃあ好きなのかな?

とか思っちゃいそうですけど
何が違うんでしょうかね?

怪しい関係の予感??

スポンサードリンク

 

本命のお返しには飴じゃないとダメ?

そんなことは無いです!

正直な所この意味を知っている人ってどちらかというと少ないと思うんです。

こんな意味があったんだなぁくらいに思っていただければと(´・ω・`)

実際私はホワイトデーに
マシュマロ貰ったことありますが、

当時は意味を知らなかったので
別に怒らず普通に喜んで食べました(笑)

あんまり神経質にならずに
喜んでもらえそうなものを贈るのがいいです。

もしも気になるのであれば本命には
無難に飴かマカロンをプレゼントして、

義理にはクッキーを渡しておきましょう。

マシュマロは避けておいたほうが無難かもしれないですね。

これなら彼女がそれぞれのお菓子の意味を知っていても怒られない、はず。

でも、マシュマロには他にも意味があって
周りにチョコが付いている場合は

あなたの愛を僕が包むという意味もあるんです。

とはいえあまり深く考えずに
相手の好きそうなお菓子をあげるのが
一番いいですよね。

 

お菓子以外のお返し

何もお返しにお菓子にこだわることはありませんよね。

お菓子を渡す代わりに
食事に誘ったり、
プレゼントを渡したりしても十分喜んでもらえます。

むしろこっちのほうが嬉しいかも。

食事だったら一緒に楽しい時間を
共有することが出来るので一石二鳥ですよね。

初めてのホワイトデーだったら
少し気合を入れて
いつもよりいいレストラン予約したり
アクセサリーをプレゼントすると
特別って感じが伝わります!

女性はプレゼントやサプライズ大好物です♪

お菓子に込められた意味を気にする必要もないですし(笑)

お返しは気持ちが大事ではありますが、
やっぱりプレゼント系のほうが嬉しいものです。

 

まとめ

ホワイトデーに贈る飴やクッキーにはそれぞれ意味があるけど、
気にしすぎると選ぶのに気苦労してしまうので、
そこまで深く考えず喜んでもらえそうなものをプレゼントするのがいいかと。

相手が万が一意味を知っていて怒られたら、

「知らなかった、ごめん!。でもこれが美味しそうで食べてもらいたかったんだよ。」

で、大丈夫だと思いますよ。

ホワイトデーのお菓子のお返しの意味を知らないことについて激怒する女性もあんまりいないと思いますので。

でも、金銭的に余裕があるのなら、
お菓子よりもアクセサリーなどのプレゼントのほうが喜んでもらえかな、と。

お菓子でも不満は無いですが、
やっぱり何か貰えるのは嬉しいですからね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑