毎日ヘアアイロンと縮毛矯正どっちが髪のダメージが少ないの?

公開日:  最終更新日:2015/06/15

122015

くせ毛だと毎日のお手入れが大変ですよね。

いっそ縮毛矯正をかけてしまうのが
一番いいのですが髪へのダメージが気になるし…。

毎日ヘアアイロンと
縮毛矯正だとどっちの方が
ダメージが少なくて済むのでしょうか?

スポンサードリンク

毎日ヘアアイロンのダメージ

私自身かなりひどいくせ毛の持ち主で毎日ヘアアイロンをかけていました。

というのも縮毛矯正が上手くかからない事が多かったので
これ以上縮毛矯正にお金を使うのはムダと感じたので
毎日ヘアアイロンをする選択をしました。

その代りヘアアイロンは業務用のアイロンを使うようにしました。

安いアイロンを使っていたこともあったのですが200℃と高温で髪の傷みが激しかったので
何とかならないかなぁとたどり着いたのが業務用のヘアアイロン【ヘアオペ】でした。

そんなに高温でなくても140℃でも満足のいく仕上がりになるし、髪にツヤも出ます。

髪の傷みが無いかと言ったらどうしても出てしまいますが
200℃のアイロンを使っていたよりもかなり痛みは少なくなりました。

毎日ヘアアイロンをするのであれば高温で無理やり伸ばすアイロンではなく
業務用のしっかりしたアイロンを使うのが髪を傷めにくくするコツだと思います。

私が愛用しているのはヘアオペですが
アドストも人気のある業務用のアイロンです。

スポンサードリンク

縮毛矯正のダメージは?

やっぱり毎日ヘアアイロンは面倒です。

でも、私の髪の毛は縮毛矯正がかかりにくいです。

ヘタするとかけてもらったその日にいきなりうねうねが出てきてしまう事もありました。

そうなると高いお金を払って髪にダメージを受けに行くようなものです。

でもやっぱり毎日のお手入れを楽にしたい!

そう思って縮毛矯正に自信を持っている美容室を選んでいきました。

値段はやっぱり高いです(>_<) 安いところだと1万円でやってもらえるけど私が選んだ美容室は2万5千円を超えていました(;´∀`) でもさすが縮毛矯正に自信を持っている美容室です! 仕上がりの良さが全然違います! ダメージもないわけではないのですがきちんと真っ直ぐになるので満足です。 その後も不思議とここの美容室でカットしてもらうだけで髪の落ち着きも良くなるしカットだけなのに艶も出るんですよ! 選ぶ美容室によってダメージに差があるように感じます。 自分の体験では安さを売りにしている美容室よりも縮毛矯正に絶対的自信を持っている美容室でやってもらったほうが髪のダメージも少なくキレイに仕上がります。 痛みを少しでも少なくするなら縮毛矯正がいいし楽だと思いますが、私みたいに縮毛矯正がかかりにくい人はいい美容室を見つけるまでが大変かも…。

毎日のお手入れで痛みは抑えることが出来る

ヘアアイロンも縮毛矯正もどちらも髪は傷んでしまうので日頃のお手入れが大事になります。

毎日お手入れしないと髪が傷んでパサパサになって縮毛矯正もヘアアイロンもかかりにくくなってしまいます。

剛毛くせ毛の私が今はまっている髪のお手入れの方法を紹介しますね!

美容室専用の洗い流さないトリートメントでもいいのですが、

今はまっているのはセルフヘッドスパです。

と言っても専門的な事をするわけではなくただ頭のマッサージを適当にしているだけなんですが(^-^;

ヘッドスパに使っているオイルはココナッツオイルです。

ダイエットや認知症予防に使うのが流行ってますが、
私は髪の毛につかちゃいます!

使い方は簡単で、お風呂に入る30分くらい前にココナッツオイルを地肌に擦りこんで爪を立てないようにしてマッサージします。

残ったオイルは髪になじませてそのまま放置。

後はお風呂で洗い流すだけです。

これで髪が驚く程ツヤツヤでしっとりまとまりやすく仕上がります。

今はココナッツオイルは人気が高くて手に入りにくいので代わりにシアバターを使っても毛先までしっとりしますよ。

髪を乾かした後も毛先のみココナッツオイルを少量擦りこむと広がりを大分抑えることが出来ます。

特に毛先をつまんだ時にバリバリっと音が鳴るくらい傷んでる人は、このバリバリが無くなるくらいにしっとりするので感動すると思いますよ!

まとめ

結局ヘアアイロンも縮毛矯正も髪は傷んでしまうのでそれ以上傷まないように手入れするのが大事になってきます。

どちらが楽かといえば縮毛矯正がかかりやすい人なら縮毛矯正が時間短縮になってオススメです。

うまくかからない毎回かけ直す予算がキツイという人は1ついいアイロンを手に入れて毎日使うのが金銭的にも安く済んで髪の傷みも少なく済むと思います。

いずれも、そのまま放置したままにしてしまうと傷んでバリバリの髪になってしまうので定期的にトリートメントをしたりしてお手入れを忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑