食費を節約するコツは?3人家族で1ヶ月3万円にするお買い物術

公開日: 

013260

毎月の食費いくらかかってますか?

少しでも食費を節約して貯金をして将来の為にお金を溜めたいですよね。

毎月の節約でできる金額は少ないですがちりつもで毎月5万かかっていた食費を3万にすると24万も貯金出来るようになりますよね!

ちょっと無駄使いしてるかも!という人は毎月の食費を見直してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

食費を節約するコツ

毎週使う金額を決める

1ヶ月3万円で過ごすには月5週あると考えてざっくり計算で1週間で6000円使える計算になります。

お財布には6000円だけ入れて余計な買い物をしないようにします。

使える金額をあらかじめ決めておくとオーバーしないように計算しながら買い物出来ますし決まった金額しか持っていないのでそれ以上買う事は出来なくなり結果節約になります。

買い物は1週間に1回にまとめる

何回も買い物に行くと色々なものに目移りしてしまって買う予定の無かった余分なものを買いがちです。

一回にまとめて買い物をすれば余分な買い物をなるべく抑えることが出来るしまとめて買うので荷物も重くなりますよね。

あまり沢山あっても持てなくなるので買い物をセーブするきっかけにもなります。

実際に自分の家計簿を見ても週に何回も買い物に行ってしまた日は余分な買い物が多く出費が多くなっています。

余分な買い物の多くはお惣菜やお菓子です(;´・ω・)

お買い物に行った日は面倒になってお惣菜を買ってしまいがちなので、
この辺りはかなり誘惑が激しいので出来れば近づかないほうがいいかも。

1週間に1回の買い物は特売日に行く

どのスーパーも週1回は特売日があると思います。

買い物に行く日は特売日を狙って買いましょう!

多くてもジップロックなどに小分けして冷凍保存で1週間もつので大丈夫です。

あらかじめ火を通して調理したものなら1ヶ月もつので迷わず買っておきましょう。

いつ保存したか分かるように保存した袋に日にちをかいておくといいですよ。

また、閉店間際に買い物に行くと半額とか安くなっていることも多いですがあまり在庫が無いのが難点…。

スポンサードリンク

買い物に行く前におやつを食べててから行く

お腹が減っているとなんでも美味しそうに見えてあれもこれもと沢山買い込んでしまいがちです。

おやつなどを食べてお腹を満たしてから買い物に行くと食欲が抑えられるので無駄遣いを抑えることが出来るんです。

結構効果あるのでぜひ試してほしい方法です。

食材が足りなくなったらレトルトで過ごす

1週間買いだめした食材で頑張ろうと思ったけど底をつきてきた…。

そんな時はレトルト食品やあまり食材を使わないチャーハンやオムライスで過ごしましょう。

切干大根、ひじき、高野豆腐などの乾燥系の食材をストックしておくともしもの時に役立ちます。

3人家族で1ヶ月3万円

我が家では私と旦那3歳の子供の3人で食費3万円です。

お米代と子供の幼稚園のお弁当代とお菓子代は含んでますが外食費は別になります。

産地とかにもこだわっていたりするので少し高めの食材を買っていますが3万円で収まります。

産地にこだわらなかったらもう少し節約できるかもしれませんね。

これでお腹いっぱい(むしろ多いくらい)食べれています。

お腹いっぱいにするコツは安くてボリュームのあるもやしやおからを使っているからかも。

特におからは水分と一緒に食べるとすっごくお腹がいっぱいになってダイエットにも最適♪

お通じも良くなってミネラル豊富だから美容にもいいので試してみてくださいね。

家はお酒やたばこを吸わないのでその分余裕があるのかもしれません。

最後に

節約のコツはある程度柔軟に代用をするのも大事です。

カレーの食材で牛肉にしたかったけど思ったより高かったなんて時は鶏肉でも代用可能ですよね?

しかも胸肉にすればかなり金額を抑えることだって出来ます。

圧力鍋を使えば柔らかく美味しく出来きます。

キャベツが高かったら白菜で代用することも出来るので、絶対にこれじゃないと料理出来ないという固定観念はすててある程度おおざっぱにすると楽に節約できるようになりますよ。

いきなり目標金額を減らすとキツイと思うので徐々に目標金額を減らして節約していきましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑