アクアエステソニック2のEMSモードの効果が思った以上にすごい!

公開日:  最終更新日:2016/01/13

bba12ea4d0c8ce6156929e6400c87de0_s

日テレの通販番組ポシュレで紹介されていたアクアエステソニック2使ってみましたか?
ずっと気になっていて先日購入して使ってみたところ毛穴汚れが取れて満足した!
という記事をこのブログで書きましたが、
その後使い続けていて「ん?」と気が付いたことがあったのでまとめました。

スポンサードリンク

アクアエステソニック2の使い方

大体皆さん毛穴の黒ずみや角栓を取りたい!
という気持ちで買う人が多いんじゃないでしょうか?

私も角栓を取りたいがためにだけで買ったので
美顔器?のような機能があることを知らなかったんです。
アクアエステソニック2にはモードがいくつかあって

●角質を落とすウォーターピーリング(弱・強)
●クレンジングでは落ちにくい汚れを取るイオンクレンジング
●美容液の効果を肌の奥まで届けるイオントリートメント
●肌にハリを与えるEMS

と、1台でいろんな機能が付いているんです。
毛穴の汚れを取りたいならウォーターピーリングかイオンクレンジング、
肌のお手入れならイオントリートメントかEMSを使います。

そう、私はこのお手入れ部分を侮っていたんですよ!
どうせオマケだろって。

スポンサードリンク

アクアエステソニック2のEMSモードの効果

元々アクアエステソニック2買った目的は毛穴汚れを何とかしたかったから買ったのでメインに
ウォーターピーリングかイオンクレンジングを使っていました。

後のイオントリートメントとEMSモードは何となく気が向いた時にだけ使っていたんです。

毎日鏡を見ていても気にしているのは鼻の汚れがどこまで取れたのかという事に注目していてお肌のハリが何てことあんまり見ていなかったんですよね(;´・ω・)

でも最近になって友人に「ちょっと顏痩せてない?」なんて言われたんです。

痩せた??ダイエットなんかしてないんだけどな?と思って最近何か始めたっけかな、と思っていたら…
そういえば、たまにアクアエステソニック2のEMSモード使ってたような
特別顔に何かしたのであればそれくらいしか思い当たる節がないんですよね。

むしろ最近ドカ食いしてしまっていたので痩せる理由がない( ̄▽ ̄)

そして、お家に帰ってから顏を鏡でよ~く見てみると確かにフェイスラインがスッキリしてる!
今回は期待していなかったのでビフォー&アフターの写真を用意できなくて申し訳ないのですが…

重力に負けて下へ垂れ下がってきていた顎周りのお肉がスッキリ引き締まったといった感じです。

パッと見で変化が分かったのはそこだけだったんですが、使い続けたらほうれい線にも効果があったら嬉しいな~なんて思ったりしています。

銀歯の人はご注意を!

気になる毛穴の汚れもスッキリキレイに取れてくれるので結構買いでした♪
ただ、金歯や銀歯がある人は使えないって書いてあったんですよね。
もう、はるか昔に治療した奥歯には金色の詰め物をしているんですが私は自己責任として使ってしまってます。

これが影響してなのかは分からないですが、ウォーターピーリングをしている時に金歯の付近にくると
「キィーーーーーーーン!!!」
というちょっと歯医者さんで歯を削られるような音がします。
始めてこの音を聞いたときはかなりビックリしましたけど、まぁ今は慣れてしまいました。

これが何かに影響を及ぼすかはちょっと不明なんですが(;´∀`)
嫌な人にはかなり不快な音だと思うので、アクアエステソニック2の購入を検討している人はそこだけ注意したほうがいいもしれないですね。

アクアエステソニック2の口コミや評判は本当か?実際に試してみました!

最後に

アクアエステソニック2のメイン使いは毛穴の汚れ取りだと思いますが、
実は結構リフトアップ効果も期待できるのでこれ一つだけでお顔のケアが出来て結構お得な商品でした。

今まで面倒で使ってなかった人は勿体ないのでEMSモードぜひ使ってみてください。
スイッチ入れても無反応で使っているときは不安かもしれませんが数日後にはお肌にハリが出てきて感動すると思いますよ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑