アンデルセン公園GWやシルバーウィークの混雑や渋滞は?

公開日:  最終更新日:2016/03/29

251901

テレビで取り上げられてから
一気に人気になった船橋のアンデルセン公園。
夏休みはすごい混雑でしたね(^-^;

入園するのにまさか並ぶとは思いませんでした。

さすがUSJを抜いて人気テーマパーク第3位に入っただけはあります。

ではシルバーウィークやゴールデンウイークなどの
大型連休の混雑具合はどうでしょうか?

スポンサードリンク

アンデルセン公園の混雑と渋滞

地元人には知名度の高い場所でしたが、
最近になってから本当に人が増えました。

2015年のゴールデンウイークには1日で2万人も来たとか!!

テレビ効果恐るべしです。

夏休み中も入園するまでにも列が出来てしまうほどでしたので、
シルバーウィークやゴールデンウイーク、
お盆等の大型連休の時はちょっと早めに行くのがオススメです。

中に入ってしまえば園内は広いので
そこまで窮屈な思いはしないと思いますので
結構穴場の観光スポットですよ!

ただし、気を付けたいのが渋滞です。

アンデルセン公園のある場所は普段から渋滞しやすい場所にあります。

遠くから来た人は京葉道路を利用すると思いますが、
下りて幕張方面に行く道はかなり込み合っています。
おそらく即渋滞に巻き込まれるかと…(-_-;)

この道は仕事で何度か車で通りましたが
平日でも混んでいることもありました。

それくらい渋滞スポットと呼ばれる場所を通らないといけないんです…。

その先にずっと進んでいくと
中山競馬場のある道も通ることになりますが、
ここも結構渋滞してます。

私、大慶園というゲーセン(らしき謎の施設?)が好きで行くまでにこの道を通るんですが、
本当にイラッとするくらいの渋滞です。

アンデルセン公園の中に入ってしまえば
広々としていて楽しく遊べると思いますが、
渋滞については覚悟が必要になるので
車で楽しめる備えがあるといいですよ。

スポンサードリンク

アンデルセン公園の入場料


大人     900円
高校生    600円
小・中学生  200円
4歳以上   100円

年間パスポートも売っています大人3000円です。かなり激安!
地元民でアンデルセン公園ファンにはありがたい値段になってます。

アクセス:〒274-0054 千葉県船橋市金堀町525番
TEL.047-457-6627

アンデルセン公園割引券はコンビニで買えます

もともとそんなに高くはないアンデルセン公園ですが、
更に少し安く入園する方法があります。

セブンイレブン、ローソン、ミニストップ、ファミリーマート、サークルKサンクス
の各コンビニに設置してある機械から前売り券を購入すると1割引きで買うことが出来ます。

チケット番号は0221459 です。

1割引きですと

大人     810円
高校生    540円
小・中学生  180円
4歳以上   90円

で購入出来ます。
ささやかですが、お安くなるので利用してくださいね。

また、アンデルセン公園のチケットは
金券ショップでも販売していることがあります。

そのお店によって値段は変わってくると思いますが、
大体700円代で販売していることが多いようです。

こちらの方が割引率は結構高いので買えたらラッキーですね♪

JAF優待割引についてはアンデルセン公園は残念ながら無いようです。

雨の日は空いている♪

アンデルセン公園は外で遊ぶ場所が
多いイメージですが雨の日でもやってます。

人気のアスレチックなどは遊べませんが、
子供美術館の室内で遊べるところもありますし、
何より雨の日はかなり空いてます!

親指姫のアンデルセンスタジオは土日は
予約ですぐにいっぱいになってしまいますが、
雨の日は競争率が低いので予約も空いてます。

それにアンデルセン公園はとっても広いので
晴れの日はどうしても体を使って遊ぶ施設に行きたくなってしまうので
雨の日ならではえはの楽しみ方が子供美術館で出来ると思いますよ!

ある意味雨の日のアンデルセン公園はチャンスですね。

最後に

アンデルセン公園は混雑の心配よりも渋滞の方が辛いと思います。
私が渋滞した道そ通ったのは昼と夕方ですが、どちらも混雑です。
特に中山競馬場で競馬を開催している時が特にひどいので
予定を見てから行くといいかもしれませんね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑