グラタンの温め直し方 冷めてもまた美味しく食べるにはレンジ オーブンどっち?

アツアツのグラタンは、チーズもトロっとしていて美味しいのですが、冷めてしまうと味が落ちてしまう…と感じたことはありませんか?

そりゃまあ、できたてが一番美味しいのですが。もし、できたてホヤホヤのグラタンを再現できる方法があるとしたら、ぜひ試してみたいですよね!

そこで今回は、上手なグラタンの温め直し方をまとめてみました!

スポンサーリンク

冷めてしまったグラタンの基本の温め直し方

皆さんは普段、グラタンを温め直す時にどんな方法をとっていますか?電子レンジ?それともオーブン?私はザ・めんどくさがりのため、電子レンジひとつで済ませてしまいがちです。温まりゃいい、みたいな…。

しかし、自分はそれでいいのですが、疲れて帰ってきた旦那には、あつあつトロトロ、欲を言えば焦げ目もパリッとしたグラタンを出してあげたい、と思いもするわけですよ、こんな私でも。

電子レンジでチンすれば、とりあえずアツアツにはなりますが、パリッとしないんですよね。かといってオーブンでじっくり焼くのは時間がかかりすぎますし。さて、そんな時はどうするか!もうお分かりですね!?電子レンジとオーブン、ダブル使いすればいいのです。

まずは電子レンジでグラタンの中まで熱を通し、その後オーブンに入れて表面をパリッとさせるのです。手間は増えますがその分、よりできたてに近づけることができるはずですよ!ちなみに、オーブンはオーブントースターでOKです。

そして、グラタンを作る段階でも、工夫できることがありますよ!冷めたグラタンが美味しくなくなる原因の一つに、水分がとんでソースが硬くなってしまうことが挙げられます。そうならないように、ホワイトソースをあえてゆるめに作っておくのです。

最初から水分がとんでしまうことを計算に入れておくんですね!こうすることで温め直したグラタンも、ある程度トロトロ状態を保つことが可能となります。小麦粉のかわりにコーンスターチでとろみをつけるのも、ゆるめに仕上がっていいみたいですよ!

ホワイトソースが硬くなる原因にもう一つ、マカロニがソースの水分を吸ってしまうから、というものがあります。

これは、マカロニの茹で時間を1~2分ほど長くすることで解決できます。これ以上水分を吸えない状態にしておくわけですね。もしくは、茹で上がったマカロニにオリーブオイルをまぶし、表面に幕を張ることで、ソースの水分を吸えないようにするという方法もあります。ダイエット中の方には不向きでしょうか。

スポンサーリンク

トロトロチーズをもう一度楽しむ美味しいグラタンの温め方は?

さて、冷めたグラタンはホワイトソースも固まりますが、表面のチーズも硬くなってしまいがち。これもなんとかして、温め直してもトロトロ感を楽しみたいですよね!トロトロアゲイン!これはどうしたものかと言いますと、ホワイトソースを皿に入れた段階で、一旦置いておけばいいのです。

このままチーズを乗せずに冷ましちゃう。そして、温め直して食べる段階になったら、まず電子レンジでチンして、ここで初めてチーズを乗せ、パン粉を振りかけ、オーブンで焼くのです。こうすれば表面部分はできたてですから、あつあつトロトロのチーズを楽しめるというわけです。どうですか?目からウロコのなかなかいい方法じゃありません?

他にも、グラタンをいっそのこと焼かないで作る、という面白いレシピもありました。バターでこんがり炒めたパン粉と粉チーズを振りかければ、オーブンで焼いたような風味に仕上がるんですって!やってみたいな~これ。

温め直しが前提の時は、先ほどと同じようにホワイトソースのみを電子レンジで加熱し、その後炒めたパン粉と粉チーズをかけるといいみたいです。なんと焼かないグラタン!一度試してみては?

最後に

温め直すのが前提の時、ホワイトソースをゆるめに作ったり、マカロニに水分を吸わせない工夫をすることで、再加熱してもできたての風味をある程度保てます。

トロトロチーズを味わいたいなら、チーズやパン粉は温め直しの段階で乗せるのがお勧めです。

よく読まれている記事(スポンサーリンク)


コメントを残す

このページの先頭へ