マウスを使っていると肩こりが激しい!これって位置が問題?解消グッズはコレ!

私はノートパソコンで作業していて、普段マウスは使っていないのですが、最近のマウスってすごいことになっているんですね!

え、それマウスなの?サイドブレーキじゃなくて?みたいな形のとか、知らない間にすごい進化をとげていて驚きです。

時にパソコンをよく使う皆さん、肩こりひどくないですか?マウスを変えるだけで、その肩こり、解消できるかもしれませんよ?

スポンサーリンク

肩こりは、肩こりだけで終わらない…!

肩こりに悩まされている方ならすでにご存じでしょうが、肩こりって肩の不調だけでは終わらないんですよね。肩こりが続くと、自律神経の乱れを引き起こし、姿勢も悪くなります。そうすると様々な困った症状が出てきてしまいます!

例えば、「冷え性」。肩こり→自律神経の乱れ→血行不良というプロセスで、手足の末端が冷えてしまいます。女性は特に注意したいですよね。

そしてドライアイ。これはパソコン作業によって瞬きが少なくなるのにも原因がありそうですが、肩こりも間接的な原因になっているかもしれないですよ?自律神経が乱れているせいで、涙の分泌量が減っている可能性があります。

他にも、肌荒れやポッコリお腹、生理痛の原因になったりもするので、なるべく肩こりは避けたいもの。でもパソコン作業が多い方は、肩こりになってしまうこと多いですよね。そこで、その肩こりの一因かもしれないマウス操作について考えてみたいと思います。

マウスでの激しい肩こりはマウスの位置が原因?

実は「マウス症候群」という言葉があるくらい、マウスによる肩こりや首こりって多いんです。その理由は、腕や方は固定したままの緊張状態が続くからだそう。ずっと同じ姿勢を保っているため、けっこう負担がかかっているんですね。逆に手首や指は細かく動かすため、腱鞘炎になりやすいんだとか。

解決するためにはどんなマウスを使うかも重要ですが、マウスをどの位置で使うかもまた大切なのです。なんでも、マウスの位置が遠すぎると肩に余計な負担がかかるんですって!なので、マウスはちょうどいい場所で使うことを心がけたいものですね。でも集中してると、エラい所でマウス操作してたりするんですよね。私だけ?

そして、手首の角度に気をつけることで、腱鞘炎を防ぐことができます。すぐできる簡単な方法としては、手首の下に何かを敷いて、楽な位置に調整すること。そういえば、手首部分を支えるクッションが付いたマウスパッドとかありますよね!ああいうのを買うのもオススメです。

スポンサーリンク

マウスの肩こり解消グッズその1 トラックボール!

さて、いっそのこと性能のいいマウスに買い替えようかと思っている皆さん、「トラックボール」なんていかがです?画像検索してみると、かろうじてマウスの仲間と判別できるものから、なんやこれ、というものまでいろいろありますが、共通しているのはコロコロ回るボールがついているところ。

今までのマウスって、マウス自体を動かしていましたよね?でもこのトラックボールは、ボールをコロコロ回すことで操作するため、マウスを持った手をサカサカ動かさなくてもいいのです!なので、肩や手首にかかる負担も少ないんですね。

マウス自体を動かす必要がない、というわけで、狭いスペースでの作業が従来より楽になります。なんとノートパソコンやスマホにも、小さいトラックボールを搭載した機種があるんですって!ウチのノートパソコンにも付けてくれないかしら。

このトラックボール、身体が不自由だけれど、指先は自由に動かせる、という方がパソコン操作をする時にも便利なようですね。
また、中には足で操作できるものもあって、両手が自由に使えるという利点があります。手が思う様に動かせない方にも重宝されているようですね!

ちなみに、お値段は少々お高めかと思います。中には〇万円ってのもありまして…!私の中古ノートパソコンより高い!
でも、慢性的な肩こりに悩まされないですむと思えば、そんなに高い買い物でもない?いや、やっぱり高いか…。

マウスの肩こり解消グッズその2 低反発マウスパッド!

マウスを使っていると手首のあたりの位置があまり良くなくて方に負担がかかってしまう事もあるんですよね。

で、実際に私はコレを使ってみたんですけど

かなり肩こりが楽になったし、マウスを使っている時って手のしびれもあったのですが、それも気にならなくなってきました♪

もう、プニプニした部分がないマウスパッドはこの先使う事はないと思います。それくらいこれは便利でした。

まとめ

マウス操作による肩こりは肩以外の不調にも繋がるので、なるべく早めに対処したいもの。

マウスの位置や手首の角度を調整するのもいいですが、トラックボールもオススメ!お値段は張りますが、パソコン操作がずいぶん楽になるずですよ。

よく読まれている記事(スポンサーリンク)


コメントを残す

このページの先頭へ