マンションのプリーツ網戸の掃除の仕方を簡単に!掃除機で落ちない汚れはこうやって落とす

皆さんのご家庭には「プリーツ網戸」は設置されていますか?マンションなどに多いのでしょうかね。

私の家には無いのですが、あれって少々厄介じゃないですか?

普通の網戸掃除も億劫っちゃ億劫なのに、プリーツになっている分さらにお手入れが面倒くさい!ということで今回は、プリーツ網戸の簡単な掃除の仕方はないものかと調査し、まとめてみました!

スポンサーリンク

マンションのプリーツ網戸の掃除を簡単にする方法

一番お手軽なのは、やっぱり掃除機を使った方法ですよね。ほら、日々の掃除の流れでできちゃいますから。

掃除機でプリーツ網戸を掃除する時は、ブラシ付きのノズルを使用します。プリーツに沿ってちょっとずつ、優しく掃除するのがコツですよ!

汚れがひどくて取れづらい時は、網戸の裏側からスポンジを当てながら掃除機で吸うといいですよ。

どうにも掃除機では間に合わない!という時は、雑巾で拭くのもアリです。

まずはぬるま湯に中性洗剤を溶かして、雑巾を浸して軽く絞り、プリーツ網戸を拭きます。その後水道水で濡らし、絞った雑巾で再度拭いたら完了!しかし「中性洗剤」って、掃除関連の情報によくでてきますよね。一家に一つ的な存在?

そして個人的にお勧めなのが、「マイクロファイバークロス」を使う方法!油も吸着してくれるので、洗剤を使う必要がありませんし、水もほんの少しつけるだけでOK。

それに、プリーツ網戸以外にも、家中いろんな所の掃除に使えます。しかも繰り返し使用することができるので、普通の雑巾よりお値段は張りますが、買って損はないですよ!

いずれの方法をとるにしても、大事なのは「優しく、丁寧に」掃除することです!普通の網戸もそうですが、プリーツ網戸はさらに繊細。

雑にすると、中心にあるワイヤーが切れたり、網が破れたりするので気をつけてくださいね。プリーツのラインに沿って少しずつ掃除しましょう!

そして、網戸が通るレールもついでに掃除しておくことを心がけるとなおグッド!ホコリが溜まると網戸の滑りが悪くなりますし、それでなくても汚いですもんね。ここで言った以上、我が家も掃除せねばな…。

スポンサーリンク

プリーツ網戸のお掃除便利グッズはコレ!

先ほどもお勧めだと書いた「マイクロファイバークロス」!ここにいくつか商品をご紹介しておきますね!

①レック 激落ちクロス (5枚入り)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

激落ちクロス お徳用5枚入
価格:397円(税込、送料別) (2018/3/18時点)

27cm×27cmの、スタンダードなマイクロファイバークロスです。

これは5枚入りなのですが、全部色が違うので、ピンクはプリーツ網戸専用!という風に、色で使い分けることもできますよ!

そして、言わずと知れた「激落ちシリーズ」の安心感…!価格もそこまで高くないので、ストックしておくのもお勧めです。

②レック 激落ち お掃除てぶくろ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

激落ち お掃除てぶくろ ピンク(1組)【激落ち(レック)】
価格:398円(税込、送料別) (2018/3/18時点)

先ほどと同じく激落ちシリーズの商品なのですが、こちらはなんと手袋型!なので手にはめて使えるのです。汚れがひどい所や細かい所も指先で簡単に掃除できますよ!プリーツ網戸のレールも、指でなぞるだけです。何より手にフィットしているので、落ちたりずれたりしないところがいいです。

③マイクロファイバークロス (6枚入り)

こちらもマイクロファイバークロスですが、何といっても模様が可愛い!

他の製品も機能性としては申し分ないのですが、さらに可愛さも求めたい!ぽんと置いておいてもオシャレなクロスが欲しい!という方にお勧め。

これすごく可愛くないですか!?かの有名なマリ〇ッコを彷彿とさせるお花柄…!ちょいとお高くなりますが、インテリアにこだわりがある方や可愛いもの好きの方はぜひ!

ちなみに、マイクロファイバークロスって100均にも売られているんですよね。手袋型のもあるんですよ、私も持っているんですけど。

ここで紹介した製品に比べたら性能が落ちるかもしれないですが、ちょっと試してみたい方は100均から始めてみるのもいいかもしれませんよ?

最後に

プリーツ網戸の掃除は、まずは掃除機、ダメなら雑巾+中性洗剤で。さらにお勧めは、洗剤いらずのマイクロファイバークロス!優しく丁寧に、プリーツに沿って掃除してくださいね!マイクロファイバークロスは手袋型、模様入りなど、いろいろ選べます!

よく読まれている記事(スポンサーリンク)


コメントを残す

このページの先頭へ