ゼッケン字が下手で書きたくない!手書きでキレイに書くコツは?

幼稚園や小学校に入る時、事前に準備するものはたくさんありますが、ゼッケンもその一つですよね。皆さん、自分の「字」に自信はありますか?普通の紙に書くわけでもない分、ちょっと緊張しますよね。手間を考えると、なるべく失敗はしたくないですし。

というわけで今回は、字が下手でもゼッケンを上手に作るコツをご紹介しますよ!

スポンサーリンク

 

字が下手でもゼッケンの字をキレイに手書きするコツ!

入園準備や入学準備で必要になってくる、「キレイな字」を書く能力。

しかも、鉛筆やボールペンで紙に書くわけでなく、極太の線で布に書く必要があるので、いつもキレイな字が書ける方でも上手くいくとは限りません。もしかするとレタリングが上手な方は得意かもしれないですね!問われているのは芸術的センスかも?

 

ゼッケンを美しく仕上げるのには、とにかく丁寧に作業すること!きちんと下書きをしておくと、マジックで書く時もそんなに慌てなくて済みますよ。

例えば、寸法を測ってマスを書き、字の大きさを揃えるようにしたり、線の太さも揃えるように注意するとより美しくなります。

そして、横線と横線の間隔を等間隔にするなど、とにかく「揃える」のがポイントですかね!

時間が経つと自然に消えていくペンなど、下書きに便利なグッズももありますよ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KAWAGUCHI アドガーチャコエース2太書き細書き 紫
価格:328円(税込、送料別) (2018/4/2時点)

 

また、同じ太さの線を書くのが苦手という方は、適当な太さのマジックを使用してみてはどうでしょう。

ゆっくり丁寧に、1本1本線を書いていけば、なかなかキレイな字が書けると思いますよ。私はこの方法で、野球の応援プレートを作ったことがありますね~。

懐かしい青春の記憶です。いったい何年前の話だって?お黙りなさい。

 

スポンサーリンク

パソコンを使ったゼッケンの作り方

さて、下書きだろうが極太マジックだろうが、どうしても上手く書けない、自信が無い!という方は、パソコンに頼ってみるというのもアリですよ!

私はパソコンが得意でないので手書きの方が向いてそうですが、パソコンの方が自信ある!という方はぜひやってみてくださいね。

その方法とは、まずワードでゼッケンにちょうどいいサイズの下書きを作成して、紙に印刷するのです。すでにここで四苦八苦しそうですね、私の場合…。

 

しかしその後はわりと簡単。

今度はその上にゼッケンを乗っけて、下書きの字を透かしながらなぞります。パソコンで作った完璧な下書きがあるので、丁寧に写せばとってもキレイなゼッケンを作ることが可能ですよ!

この方法、字の大きさを変えれば、お名前シールなどにも応用できます。

なんでも、手書きっぽいフォントがあるそうで、それを使えばキレイだけど手作りっぽさもある、いいかんじのお名前シールができそうですね!

パソコン作業が得意な方はぜひ、キレイなお名前シールもトライしてみてください!

 

もっとキレイにゼッケンを作る為に滲ませない方法

美しいゼッケンを作る時、字がキレイかどうかの他にも注意すべき点があります。それは字の「滲み」!書いた時点で滲んでしまったり、洗濯した時に滲んでしまったり。

ネット上には様々な対策法が紹介されていますが、ここではとっても簡単な方法を一つ書いておきますね!

それはペンで書く前に、ゼッケンにヘアスプレーを吹き付けておくこと!

どうです?簡単でしょう?

 

普段ヘアスプレーをお使いの方はそれでいいですし、使わない方は旅行用の小さいサイズを購入するといいですよ。

重要なのは、「コポリマー」という成分が入っていること!成分表を確認してくださいね。

吹き付ける時は、豪快にやっちゃって大丈夫です。むらなく吹き付けてください。その後洗濯ピンチなどに挟んで、しばらく干して乾かしてください。

完全に乾いたら、あとは油性ペンで名前を書くだけ!ペンが布地にひっかかることなくスルスルと書けて気持ちいいですよ!そしてもちろん滲みません。

 

スプレーを吹き付けたゼッケンは硬くなっていますが、洗濯すると柔らかく戻るのでご心配無く!

あ、洗濯しても、滲んだりしませんよ~。

使用するペンを、「にじまない」と明記している名前ペンにするともう、怖いものなしです。

 

最後に

美しいゼッケンを作るには、下書きを丁寧にすること。不安なら、パソコンで印刷した字をゼッケンに透かして写すと上手くいきますよ!

また、書く前にヘアスプレーを吹き付けておくと、滲みを防げてお勧めです。

よく読まれている記事(スポンサーリンク)


コメントを残す

このページの先頭へ