バンドゥビキニで胸がつぶれてみっともない!キレイに着るコツはある?

どうも、産後みるみる胸がしぼんだ者です!胸があろうが無かろうが、水着を着たい夏はやってくると思うのですが、新しい水着を選ぶのって楽しいものですよね。

そして最近流行っているらしいのが、「バンドゥビキニ」。可愛いのですが、胸がつぶれてしまったり、ズレやすかったりとなかなか難しいアイテム。

そこで今回は、バンドゥビキニをキレイに着るコツをご紹介しますよ!

スポンサーリンク

バンドゥビキニを着るとつぶれる胸をキレイに着るには?

はじめに、「バンドゥビキニとは何ぞや!?」という方のために、さらっとご説明をば!

バンドゥビキニとは、胸の部分がチューブトップになっている水着のことです。百聞は一見に如かず!画像検索してみると、ああなるほど、と納得できるかと思います。

最近人気だそうですが、実は70年代~80年代にも一度流行りました。しかし、ズレやすいとか、胸がつぶれるなどの理由で、いつの間にやら消えていったのですね~。

で、そのズレやすさや胸のつぶれを緩和した現代バージョンが、可愛らしいということで再び流行り出したみたいですね!

 

確かに可愛らしいし、流行っているし、今年の水着はコレにしよう!と思う方も多いと思うのですが、バンドゥビキニは実は胸の大きい方にはあまりお勧めできないデザインなのです。

なぜなら、マシになったとはいえ、やはりズレやすく、胸がつぶれやすいことには違いないから…。

 

では胸が大きい方はバンドゥビキニは諦めた方がよいのでしょうか?

個人的には、できればバンドゥビキニ以外のデザインをお勧めしたいところ。だって他のデザインの水着だって、可愛いものはたくさんありますからね!

でも、どうしてもバンドゥビキニに挑戦したい!というグラマーさんは、水着選びの時点で、面積の小さいものを選ばないこと!サイズが合っておらず胸がはみ出たりぺちゃっとつぶれたりすると、グラマーというより太って見えてしまいますからね。

 

もう一つ、ヌーブラを水着の下に着けたり、カップ付きの物を選んだり、自分で水着にカップを縫い付けたりする方法もあります。こうすることで、胸の形をキレイに保つことができます!

水着用のヌーブラというと盛るタイプのが多いイメージがありますが、薄型の形を整えるタイプもありますよー♪

すでにバンドゥビキニを買ってしまって、胸がはみ出して困っているけど、どうしても買った水着を着て海に行きたい!という人は最後の手段としてヌーブラで形を整えてみるのも手かもしれませんね。

まとめると、胸をつぶさずバンドゥビキニをキレイに着るには、

・小さいものを選ばないこと!自分の胸のサイズに合ったものを購入しましょう。
・ヌーブラを着けたりやカップを縫い付けて、胸をキレイに保ちましょう!

最近はあらかじめカップが付いているデザインもあります。

 

スポンサーリンク

胸が大きいとバンドゥビキニがずれてくる・・・ずれないようにするコツは?

そして、胸が大きい方がバンドゥビキニを着る時のもう一つの悩み、水着のズレ!これも、少々マシにすることができます。

胸が大きいと、水着は下にズレると思うんですよね。胸が重いので。なので、水着はアンダーをがっちりホールドしてくれるタイプの物を選びましょう。

間違っても、ヒモを結ぶタイプなんて選んじゃダメですよ~!

 

そして、下に落ちていく水着を支えるために、肩紐が付いているタイプの物を選ぶのもいいかと思います。こうなってくると、もはやバンドゥビキニと言えるのか怪しいところではありますが、水着がズレて煩わしく感じるよりいいんじゃないでしょうか?

 

まとめると、

・アンダーはヒモタイプでなく、がっちり支えてくれる物を選びましょう!
・肩紐が付いているものなら、より胸を支えてくれて安心です。

胸が大きいがゆえの苦労も多いでしょうが、やっぱりいい感じに大きい胸は女性でも憧れるもの!水着もカッコよく着こなして、今夏も海やプールを楽しんじゃってくださいね!

 

グラマーさんには難敵でも、胸が小さい方には強い味方!

バンドゥビキニが人気を集める理由の一つにデザインの可愛さがありますが、フリルとか、リボンデザインとか、フリンジとか、胸の小ささをごまかせるような物が多いんですよね。

なので、胸の大きい方には難しくても、胸の小さい方にはピッタリ!胸元に自信の無い方はぜひ、バンドゥビキニに挑戦してみてください!

 

最後に

バンドゥビキニは基本的に胸の大きい方には向きませんが、どうしても着たい時は、なるべく大き目の物を選んだり、ヌーブラを着けたりして形を整え、アンダーがしっかりしている物や肩紐付きのデザインを選んでズレ落ちるのを防ぎましょう!

よく読まれている記事(スポンサーリンク)


コメントを残す

このページの先頭へ