冷凍エビを解凍したら臭みが…ぷりぷりに仕上げるコツは?

d45fac87dcf44a12fe67485724cf5ee3_s

天ぷらやフライを作るときに冷凍のエビを使うことがよくあると思います。

その時にエビの解凍の方法を失敗してしまうと臭みのあるエビになってしまい、せっかく買ったのに残念な事に…

でも、今回紹介する方法をつかえばエビの臭みも取れますし、安い冷凍エビがまるで高級エビのようなぷりぷりの仕上がりになりますのでぜひお試しくださいね。

スポンサーリンク

 

エビの臭みを取る時にやってしまいがちな間違った方法

エビを解凍したら臭いがキツく臭くなってしまってどうしようも無くなってしまった~(;´Д`)

という人がやりがちな間違った方法としては、早く解凍したいからといってお湯で解凍するのだけはやめましょう。

時短だー!と言ってお湯にガンガンつけてしまう人本当に多い!!

これ、ダメですよー!

せっかく美味しいエビなのにお湯をかけたせいで匂いが余計にきつくなっていしまいます。

例えばですけど、お正月とかにカニを解凍するときはどうしていますか?

お湯ぶっかけませんよね?冷蔵庫に入れてゆっくりと解凍したり、流水で解凍したりが一般的ではないでしょうか?

エビも基本は同じなんですよ。

でもでも、流水での解凍でも大分臭いは気にならないと思いますが、今回ご紹介するのは臭いが気にならないだけでなく、安いエビもプリプリにまるで高級エビのようにしちゃう裏技ですので、ちょっとひと手間加えてみましょう♪

冷凍エビをの解凍を臭いが無く、更にぷりぷりにする裏技!

冷凍エビは塩水でつけて解凍するとイヤなあのにおいを防ぐことができるんですよ。

お水と塩の割合は。

・水 水500㏄
・塩 おおさじ1

これだけでOKです!

たったこれだけでツーンとくる臭いの対策が可能です。

 

で、ですが、今回のお題は安いエビでもプリプリの高級なエビに変身させちゃう裏技でしたね!

ここから先はその方法をご紹介します!

ではその方法ですが、ほんんのちょっとひと手間加えるだけなので超簡単です(`・ω・´)

その方法とは、先ほどの食塩水に重層も一緒に入れる!

たったこれだけなんですけど、エビがぷりぷりの仕上がりになるんです。

ぷりぷりしたエビが食べたいという人は

・水 水500㏄
・塩 おおさじ1
・重層 おおさじ2

以上の分量で解凍してみて下さいね。

プリプリしたエビは苦手で、エビ本来の味を楽しみたい人は重層には付けずに、食塩水だけでお楽しみ下さい。

 

食塩と重層でエビを解凍すると何でぷりぷりになるの?

これ気になりますよね。

その理由は、エビはタンパク質でできていますので、重層のアルカリ性に反応して固くなる性質があるんです。

この硬さがちょうどよくプリプリに感じるんですね。

更に重層につけたことで、重層のタンパク質とエビのタンパク質が融合して。調理した時にエビの水分が逃げるのを防いでくれます。

だからパサパサにならずに程よくおいしいエビになってくれるんだそうですよ。

最後に

どうでしたか?

ちょっとしたひと手間で美味しいエビに早変わりしますので、天ぷらやフライを作るときにぜひ重層と食塩を使った解凍の仕方を試してみてくださいね。

よく読まれている記事(スポンサーリンク)


コメントを残す

このページの先頭へ